読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2010年06月のエントリー一覧

  • 食堂の孤独

    こんにちは。上村です。大学時代のお話です。ある時、僕は、学食で昼食を食べていました。一人で食べていたのです。周りはだいたい友達同士とか、数人で食べていますが、僕は一人。これは、必ずしも僕が友達がいないことを意味するのではありません。(笑)元々、大勢でワイワイ食べるのが苦手だったのです。周りはみんな集団です。なので何となく居心地が悪い。それでも、一人で気楽に食べる方が、好きなのですね。で、たまたまそ...

  • 本当に優しさで相手の心をつかむ方法

    こんにちは。上村です。好きな相手に対して、心がけてほしいことがあります。それは、「押し付けがましくない優しさ」です。優しいのはOK。しかしそれが押し付けがましくなると、優しさも伝わりにくくなる。サラッとした親切が一番いいわけですね。では、そのためにはどうしたらいいのでしょうか?簡単ですよ。「心の強い人」になればいいのです。(笑)精神的に弱いと、どうしても「表面的な優しさ」しか示せなくなってしまうも...

  • 優しいけど優しくない人

    こんにちは。上村です。今回は、「恋愛においての優しさ」について考えてみます。問題になるのは、相手の感情なのですね。興味のない相手にいくら優しくされても、「ある一定の好感」までが限界ですね。当然ながら恋愛感情が芽生えてくるわけではありません。でも、元々「素敵だな」とか思っている人が、1度でも親切にしてくれたら、それは印象に残るのですね。心の中にずっと残るわけです。ここで大切なことがわかりますね。つま...

  • 1回の優しさと、10回の優しさは、どちらが有効か?

    こんにちは。上村です。今回は、過去の僕の「ショックな体験」をお話したいと思います。(笑)今から考えたら「単なる笑い話」ですが、まあ、聞いてくださいね。昔の話です。ちょっと好きな女性がいて、いつも親切にしていました。「優しい男」をアピールしていたのです。(笑)ところが相手はつれない。何をやってもたいして感謝してくれないのですね。そんなある日。たまたまその女性と話をしていて、気になったことがあったので...

  • SとMの会話術

    こんにちは。上村です。「かしこまった場」では、とたんに何も話せなくなる人がいますね。会社の会議とか、そんな場面ですね。もちろん話すことがなければ話さなくてもいいのです。ただ、言いたいことはあるのに、全く言えない人は、何がその人を黙らせてしまうのでしょうか?それは、「反論されたらイヤだ」という気持ちですね。「何を言ってるんだ」と思われたくない。だから言いたいことも言えなくなるのです。じゃあ、難なく言...

  • 「激論番組」風な会話

    こんにちは。上村です。前回は、「宴会が急にお開きになった事件」 を書きました。(笑)同僚二人が、ささいなことで、ケンカしたからですね。どうして二人は、どっちでもいいようなことで、言い争ったのでしょうか?それは、お互いが、負けず嫌いだったからですね。(笑)不思議なようですが、「会話」というものを、「勝ち負け」だと思っている人がいるのです。彼らはそうだったのです。あなたの周りにもいないでしょうか?ちょ...

  • なぜ宴会が急にお開きになったのか?

    こんにちは。上村です。あなたは、「飲み会」に参加することはあるでしょうか?お酒が入るので、思わぬトラブルが発生することがありますよね。同僚同士がケンカしたりとか。昔、僕も経験がありますよ。みんなでワイワイ飲んでいたら、どうも一人「言葉のトーン」の違う奴がいる。興奮しているようなのです。ヒョイと彼を見ると、隣の同僚と口ゲンカしていました。ケンカの中身は実にささいなこと。「ビールの注ぎ方がどう」とか、...

  • 「言い返す」極意

    こんにちは。上村です。あなたは、「頭に血が昇る」ことはないでしょうか?(笑)頭に血が昇ると、かえって何も言えなくなってしまいますよ。怒ると言い返せなくなるのです。しかし、クールダウンすれば、いくらでも言い返すことができるのです。これは何も、言い返すことがいいとか悪いとか、そういうことを言っているのではありません。ただ、後々ウラミに思うくらいなら、その場で言い返した方がいいでしょう。そうしないなら、...

  • 一方的に言われたらどうするか?

    こんにちは。上村です。前回 は、「ラジオで屈辱を受けた知り合い」の話をしました。(笑)例えば、こんなことを考えてみてくださいね。あなたに向かって、「侮辱」ともとれる発言をする人がいたとしましょう。明らかに侮辱なら、あなたは怒るでしょう。でも、「巧妙な侮辱」も多い。というか、言ってる本人が侮辱のつもりがないのです。そういう場合がほとんどですね。相手は悪気がないのです。だからサラッと言う。すると、ジョ...

  • ラジオの事件

    こんにちは。上村です。ずいぶん昔の話ですが、僕の知り合いが「ラジオ」に出演したことがあるんです。と言っても、別にタレントでもアナウンサーでもありません。知り合いの職場が、ラジオで取り上げられることになったのですね。彼が代表して、インタビューを受けることになったわけ。そのラジオ番組なのですが、司会は、毒舌で慣らすあるタレントです。インタビューは、アナウンサーがします。知り合いは、アナウンサーからいろ...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク