読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2011年10月のエントリー一覧

  • 「全体的な」話

    こんにちは。上村です。以前、『品格』という言葉がはやっていましたね。書店でも、「品格」について書いた本がたくさん出ていました。確かに「品格」は大事。でも世の中、やたらに「品格」「品格」と言い出すと、ちょっと住みづらくなるんじゃないかと僕は思うのです。例えば、いつも「品格」を強調している人が、人との約束をすっぽかしたとしましょう。「約束も守れないのか」と、普段から品格を言ってるだけに、非難ごうごうで...

  • A氏の「自己催眠な話」

    こんにちは。上村です。こんな例を考えてみてくださいね。好きな女性と食事をします。Aという男性は、(告白して交際したい)と考えています。「食事」はそのための手段。そしてA氏は、食事終了後、女性に告白します。「もしよかったら、お付き合いしませんか」と。相手の女性は、「そんな気はないので・・・」と断る。もちろん、A氏は落胆します。「食事以上の発展」を期待していたのですから、断られたらショック。ところで、...

  • 「恋愛以外に興味を持つ」恋愛成就法

    こんにちは。上村です。恋愛や人間関係で、一つの法則がありますね。「何でも自分の思い通りにしようと思っている人」は、意に反して、なかなか願いが叶わないのです。それは「雰囲気を変えよう」とするのではなく、イヤミな上司なら、その上司を変えようとするからです。しかし、個人の性格がそんなに簡単に変わるはずはありません。一口に「性格」と言っても、『個人的性格』『社会的性格』というのがあるのですね。自宅にいる時...

  • 「石器時代的」恋愛術

    こんにちは。上村です。これは僕の友人の話です。彼は、マナーについて、神経質な人でした。「相手とはこう接するべき」という思い込みが、あったのです。彼の仕事は、営業です。そんな彼ですから、「営業には礼儀正しさが一番」と思っていたのです。営業先では、決して礼儀から逸脱しません。慣れてきても、堅苦しさから抜け出ようとしないのです。言葉遣いも、常に「他人行儀」。彼のその態度は、正しいのでしょうか?もちろん彼...

  • 魅力的な「優しさ」の法則

    こんにちは。上村です。いきなりですが、こんなことを考えてみてくださいね。「究極の選択」になります。あなたは、昼食を食べに行きました。店は2軒あります。1軒目は、「料理の味がいい店」です。普通なら迷わず行くところ。しかしです。この店には欠点があったのです。接客がイマイチ。おいしいのだけれど、その部分が不満です。一方、もう1軒の店は、店員さんの態度がいい。いつも満面の笑みを浮かべて迎えてくれます。接客...

  • 「素朴な自分」の恋愛マニュアル

    こんにちは。上村です。前回のブログ で、「相手の気持ちをコントロールしようとしてはいけない。相手の気持ちに乗っかるだけでいい」というお話をしました。それが相手と親しくなる秘訣ですね。例えば、こんな例を考えてみてください。「野生動物のオスとメス」は、自然に結びつきますね。お見合いパーティーをするわけでもありません。合コンもないし、社員旅行もない。あくまで「自然の摂理」に基づいてくっつくだけです。人間...

  • なぜその気になった途端、相手はよそよそしくなるのか?

    こんにちは。上村です。A君という男性がいました。ある時、彼の前に、素敵な女性が現れました。と言っても、A君は、最初からその女性に興味があったわけではありません。なぜか彼女は、A君に対して優しかったのです。愛想もいい。いろいろ頼み事もしてくる。A君に接触してくるのです。さすがのA君も気がつきました。(彼女はオレに興味があるに違いない・・・)そう気がつくと、とたんに図々しくなるのが人間の常。(笑)だん...

  • 円周の人間関係構築術

    こんにちは。上村です。こんな例を考えてみてくださいね。営業マンがいるとします。彼が成功するのは、営業先での信頼関係を築けるかどうかにかかっています。しかしながら、その前に重要なことがありますね。それは、「会社内での人間関係」です。それをうまくこなして、初めて「営業」という外部にアプローチすることもうまくいくのです。営業だから、「営業先だけを見ていたらいい」ということではありません。それに営業という...

  • グルグル回って、好きな人の心をつかむ方法

    こんにちは。上村です。昔、祖母から、こんなことを言われたことがあります。「お金には’ハシ’があるんだよ」「ふ~ん、そうなの・・・」と返事したのですが、「ハシ」の意味がよくわからなかった。(ハシって、何? お箸のことか? あるいは端? 橋?)とか考えました。後になって、ハシのことが、「足」であることがわかりました。僕が聞き間違えたのですね。祖母は、「お金には足がある」と言いたかったのです。お金というの...

  • 好きな人と食事に行く、その本当の理由

    こんにちは。上村です。前回 は、「ニオイの話」をしましたね。これはつきつめて考えると、★五感への刺激ということになります。例えば、イケメンや美人は、相手の「視覚」を刺激します。「ハンサムだなあ」「可愛いなあ」と思うわけ。僕がテレビで上戸彩さんを見てニヤニヤするのは、まさに視覚が刺激されているからなのです。(笑)しかし残念ながら、上戸さんが僕を見ても、何とも思わないでしょう。(当たり前)でも人間には、...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク