読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2012年04月のエントリー一覧

  • 運転手さんとの奇怪な会話

    こんにちは。上村です。ずいぶん昔の話ですが、こんなことがありました。残業で、終電に乗り遅れたのです。仕方がないので、タクシーを利用しました。そこで「奇妙な運転手さん」に遭遇したのです。「お客さん、仕事で遅くなったんですか?」「ええ、そうです」最初はこんな、ごく普通の会話でした。で、しばし沈黙が続いた。別に沈黙ならそのままでいいのですが、運転手さんが、ふとこんな会話をし始めたのです。「タクシーの運転...

  • 「深夜の胴上げ」トーク術

    こんにちは。上村です。今回は、トーク術について、基本的ながら、重要な話をしてみましょう。まず、僕の「思い出話」からお聞きください。僕は昔、大学受験予備校に勤務していました。そこには、「学生アルバイト」がたくさんいたのです。当時は、僕も若かった。バイトと年齢が近かったので、遊びに誘われることもしょっちゅうでした。ある時、仕事で、残業していました。アルバイトくんたちが、「今から遊びに行きませんか?」と...

  • 相手が勝手に関心を持ってくれる自己開示術

    こんにちは。上村です。今回は、一見、「オカルト的な話」をしてみましょう。(笑)もちろん、本当はオカルト的ではなく、「現実的なこと」です。前回のブログ で、★自分の世界に自信を持とうという話をしました。他人に宣伝しなくてもいいので、自分だけがわかっている世界。趣味でも、何でも構いません。そういうのがあると、意識しなくても、なぜか周囲に「あなたの世界」が伝わっていくのです。特に何も言っていないのに・・・...

  • 「調和」の会話術

    こんにちは。上村です。最近、ある討論番組を見ていて、思ったことがあります。発言が多い人と、そうでない人がいますね。それは生放送だったので、編集はありません。明らかにしゃべっている人とそうでない人がいたのです。もちろんただ話せばいいというものでもありませんが、それは討論番組ですから、無口というのもヘン。よく見ていると、司会者近くの人は、口もなめらか。一方、司会者から遠い位置の人は、鈍りがちです。「司...

  • 「恐怖の会議」克服トーク術

    こんにちは。上村です。ある人から、こんな相談を受けたことがあります。「会議でまったくしゃべれない。どうしたらいいですか?」と。職場の会議で発言したい。でも、できないらしいのです。同僚は遠慮なくしゃべっているのに、自分は躊躇してしまう。言いたいことはあるのに、何も言えない。なぜか会議になると「無口な人」になってしまう。彼はそれを凄く悩んでいたのですね。あなたなら、どうアドバイスするでしょうか?確かに...

  • 言葉がいっそうの力を帯びてくる方法

    こんにちは。上村です。誤解があるのですが、「はっきり伝えること」と「能弁」は、直接の関係はありませんね。例えば、普段は無口でも、伝えないといけない時に、ちゃんと伝えられる人もいます。こういう人は、「はっきり伝えることのできる人」です。もちろん、言葉で十分に伝えられない場合もあるでしょう。例えば、「愛情」です。「愛している」とは言えますが、どうもこの言葉では自分の真意を伝えられない。「愛してます」の...

  • 「非言語トーク術」の極意

    こんにちは。上村です。その昔、「KY」という言葉が流行りましたね。あまりいい言葉とは言えませんが、その意味とは、「KY=空気が読めない」です。ところで、僕の友人が、こんなことを言っていました。「オレの職場には、JSな上司がいる」「JSって何だ?」と聞いたら、「‘JS‘つまり、‘ジョークが寒い‘の略だ」と。それもまた寒いだろうと思ったのですが(笑)、それはともかく、具体的に「KYな人」とは、どういう人な...

  • 「穏やかに接している」つもりなのに、相手が心を開いてくれないのはなぜか?

    こんにちは。上村です。「穏やかに接する」恋愛や人間関係で、これが大切なのは、その通りです。ピリピリしたり、怒りっぽい人とは、あまり関わり合いになりたいとは思いませんね。でも、多くの人が、「穏やか接する」の意味を勘違いしているのです。心にもない笑顔を振りまいたり、相手の言葉に大げさに反応してみたり、わざと刺激的なことを言ってみたり、そういうことが重要なのではありません。表面的な態度の問題ではないので...

  • 「自己アピール」と「自己開示」は違う話

    こんにちは。上村です。前回のブログで、「夜道の怖い話」をしましたが、ついでに今回も、もう一つしてみましょう。僕がかつて働いていた職場では、こんな「恐い話」がありました。夜、誰もいないのに、なぜか人の声が聞こえるのです。一人で残業していると、何やら話し声が聞こえる。それは「笑い声」であったり、時には「叫び声」であったりします。職場には、確かに自分一人。なのに誰かがしゃべっている。まさに「怪談」ですが...

  • 「異様な」帰り道の話

    こんにちは。上村です。数年前の話です。僕は、仕事で夜遅くなりました。その帰り道でのこと。前方に、「異様な影」を見たのです。暗いので、何かよくわかりません。(何だろう?)と目を凝らして見ると、それは動物のよう。大型犬くらいの大きさです。でも、犬ではないのです。なぜなら、背中が丸まっていたからです。そんな「猫背な犬」はいない。(ここ笑うところですよ)それはともかく、いったいそれは何でしょうか?動物であ...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク