読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2013年02月のエントリー一覧

  • 「ベタな出会い」は本当に起こりうるか?

    こんにちは。上村です。あなたは、「恋愛ドラマ」をご覧になるでしょうか?恋愛ドラマは、まず「出会いのシーン」から始まることが多いですね。典型的な「ベタな出会い」は、こんな感じ。ある男性が、道で「落し物」をします。本人は、そのことに気付かず、行き過ぎようとします。すると、側を歩いていた見知らぬ女性が、それに気付いて声をかける。「あの~、落し物をされましたよ」と。男性は、「ありがとうございます」と礼を言...

  • 好きと言わない会話術

    こんにちは。上村です。あなたは、「好きな者同士が、いっしょに食事に行くのはなぜか?」ご存知でしょうか?その理由を考えたら、おもしろいことがわかりますよ。「楽しい体験」をすることで、お互いの「いい印象」を高め合っているのですね。「無意識の自己アピール」なのです。じゃあ、ジェットコースターに乗るのは?これは、少し複雑な心理過程です。(笑)恐怖感というのは、「いい印象」ではないですね。しかし、それは本当...

  • 余裕ある人は、好きな人を追い掛け回さない話

    こんにちは。上村です。人間関係は、1対1だけではありませんね。お互い、いろいろな人と、直接的間接的につながっています。親しくなるためには、その相手に加えて、「その人を取り巻く周囲」も見る必要があります。多数を意識することが、本当の自己開示につながっていきます。「親しくなりたい人だけに自己開示して、他の人には心を閉じる」というのはいけない。立場を変えればわかると思うのですが、そんな自分だけに心を開い...

  • 「本当の自己開示」をして、愛される方法

    こんにちは。上村です。『自己主張』ということについて考えてみましょう。愛されている自覚のある人ほど、自己主張はスムーズにいきます。なぜなら、自分と相手との関係を、うまく調和させることができるからです。自己主張を、「自分自身を語ること」と思っている人は、意外に自己主張がうまくない。自己主張とは、自分を主張することではありません。自己主張とは、他人との関係の中で発揮されます。相手がいなければ、そもそも...

  • 「大きな愛」を意識して、愛される人になる方法

    こんにちは。上村です。こんなことを考えてみてくださいね。世の中で、女性がごく少数で、男性が多数だったとしましょう。そうなると、男性にとっては、恋人を作るのは大変ですね。相手が少なすぎるから。逆に、男性1人に、女性が1000人だったら、どうでしょうか?やはり、多くの女性は、恋人を作るのを諦めるかもしれない。しかし、現実世界は、そうなってはいません。せいぜい職場の男女比率に差がある程度ですね。一歩外に...

  • 誰でも今すぐ、恋と愛を見つける方法

    こんにちは。上村です。あなたは、「恋愛」について、こういうことをご存知でしょうか?『恋人になるのは簡単。フラれる方が難しい』という衝撃の事実。(笑)もちろん、多くの人が、この意見には賛同できないかもしれない。好きな人と親しくなれなくて悩んでいる。なのに、親しくなるのは簡単で、フラれる方が難しいなんて・・・。僕も若い頃にこの意見を聞いたら、即座に否定したでしょう。でも今になってみれば、これは真理だと...

  • 周囲に異性がいないのに恋人ができる、不思議な話

    こんにちは。上村です。前回のブログ で、「出会いを増やしたのにうまくいかなかった話」をしました。確かに彼は、出会いを増やしたのです。でも、それは表面的なことですね。友人が、「もっと積極的にアプローチしろ」と言ったのも表面的なことです。大切なのはそれではありません。彼は周囲に女性がいなくて焦っていたわけですが、結局彼の行動は、すべて「焦りから」出ていたのです。焦るよりもすることがあるのですね。それは...

  • 焦ってはいけない話

    こんにちは。上村です。これは、ある男性のお話です。彼は独身でしたが、勤務している職場には、女性がほとんどいません。「出会いがない」と、彼はいつも嘆いていました。そんな彼を見かねて、職場の上司が一言。「周囲に女性がいなくて、恋愛などできない。女性のいるところに積極的に顔を出せ」とアドバイスしたのです。彼は、「なるほど」と思った。このままでは、出会いがないのは当然。そこで、「パーティー」とか「合コン」...

  • 「広い世界」の愛され術

    こんにちは。上村です。こんなおもしろい話を聞きました。僕の知り合いの、ある男性の話。彼には「仲良くしている女性」がいました。「仲良くしている」と言っても、付き合っているわけではないらしい。(できれば恋人になりたい)と彼は思っていたのです。ところが、どうも雲行きが怪しいのです。最近、何となく疎遠になってきた。会話も弾まないのです。彼女は友人が多い。男性の友人もたくさんいます。そう考えると、彼の期待は...

  • 「口で会話するのではない」話

    こんにちは。上村です。前回のブログ で、「気まずさ」について書きましたね。例えば、電車で、たまたま苦手な人と乗り合わせたとしましょう。気まずいですね。「どうして自分は、この電車に乗ったんだろう」と、自分の行動を後悔してしまう。こういう例なら、たくさんあります。コンビニで、「グラビア雑誌」を立ち読みしています。すると、顔見知りの人が、店内に入ってきた。焦ります。慌ててページをめくって、「ヨーロッパの...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク