読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2013年04月のエントリー一覧

  • 好きな人のことばかりを考えていたら、恋愛は成就するか?

    こんにちは。上村です。恋愛というのは、「タイミング」が大切ですね。もちろん、恋愛だけではなく、日常のあらゆる面で、タイミングがあります。いいタイミングを得ようと思ったら、日常をうまく回転させることが大切になるのです。歯車が狂えば、タイミングも狂ってきます。好きな人に話しかけたら、たまたま相手が不機嫌だったとか、そういう悪いタイミングになってしまう。でもタイミングのいい人は、職場帰りに偶然好きな人と...

  • 授業中に「デートしよう」とした生徒の話

    こんにちは。上村です。僕はかつて、予備校で進路指導の仕事をしていました。ある時、生徒から、こんな相談を受けたことがあります。「勉強中に、好きな女の子のことが気になる。どうしたらいいのでしょうか・・・?」彼は、同じクラスに、好きな女子生徒がいたのです。授業中も、近くの席の彼女のことが気になる。授業内容が全く頭に入らないのです。彼は悩みましたが、恋愛だけに、感情をどうすることもできない。切羽詰って、僕...

  • 「求められる人」になる方法

    こんにちは。上村です。恋愛や人間関係で、とても大切なことがあります。それは、「理屈で愛されようと思わない」ことです。「こうしたら、愛されるだろう」「こうすれば、好かれるに違いない」とか、考えすぎないことが大切。自分では、好かれるための行動をしたと思っても、相手はそう思わない場合もあります。逆の場合だって、ありますよ。好かれようと思わなくてした行為が、相手の気持ちをとらえたりとか。「愛情」「好意」と...

  • 追いかけると逃げるのはなぜか?

    こんにちは。上村です。突然ですが、あなたに、好きな芸能人がいるとしましょう。あなたは、ずっと応援しています。写真集を買った。CDを買った。テレビに出たら必ずチェック。ファンクラブに入っている。コンサートに必ず行く。ところが、その大好きなタレントさんが、ある日突然、結婚したのです。どこの誰ともわからない人と、いっしょになったのですね。実に悲しい。何のために、一生懸命応援したのかわからない。「結婚した...

  • 「しつこくホメる」と愛されない話

    こんにちは。上村です。前回のブログ で、「親しくなるのに、作戦はいらない」という話をしました。例えば、あなたに好きな人がいるとします。「君は素敵だね」と言われたら、相手も悪い気はしないでしょう。しかしホメるのはいいにしても、過剰になると、かえってウソっぽく聞こえてしまう。「君は宇宙一、素敵だ」とか言われたら、さすがにイヤミに聞こえますね。「宇宙人と素敵さを比べるな」と思われる。僕もかつて、数え切れ...

  • 「カワイイ」と言っても伝わらないトーク術

    こんにちは。上村です。恋愛や人間関係で、「ホメて親しくなる」ということが、まことしやかにささやかれています。果たして、それは有効なのでしょうか?例えば、好きな異性ができると、やたらに相手を持ち上げてしまうことってありますよね。「君はカワイイ」「あなたって素敵ね」と言いまくる。あるいは、「女性の変化に気付くのは男性の役目」とばかり、「今日はネイルを変えたね」とか、できるだけ変化に敏感になろうとします...

  • 「すべき」で動く話

    こんにちは。上村です。前回のブログ で、「ねばならないをすべきに変えよう」という話をしました。恋愛もそうですね。「ねばならない恋愛」から、「すべき恋愛」に変える。ねばならない恋愛というのは、「友達に恋人がいるから自分もほしい」みたいな感じですね。本当にほしいと思っているより、競争意識の方が強いのです。こういうのはうまくいかない。愛情と競争は別次元です。 一方、すべき恋愛というのは、自分の意思が中心で...

  • 「動機」の愛され術

    こんにちは。上村です。同じ行動をしても、結果が出る人と、思わしくない人がいます。なぜでしょうか?「動機」が違うからですね。同じような行動に見えても、片や楽しく動いているのに対して、片や眉間にシワを寄せながら動いています。なので、結果も自ずから違ってくるわけ。行動そのものよりも、「動機」が重要です。不安から動く人は、「ねばならない」という思いにとらわれています。これをしなければ相手に逃げられるという...

  • 今日から「しつこくしない」方法

    こんにちは。上村です。子供の頃、こんなことはなかったでしょうか?久々に会う大人がいるとします。1年ぶりとか、2年ぶりとか。親戚でも、知り合いでもいいのです。すると必ず、こう言われる。「しばらく見ないうちに男前になったな・・・」と。女の子なら、「べっぴん(美人)になったなあ」と言われる。僕は、子供の頃に、何度もこういうことがありました。もちろん、「男前になった」と言われて悪い気はしません。しかし、自...

  • 「素直な愛」を思い出す話

    こんにちは。上村です。前回のブログ で、「好きなのに愛されない」という、恋愛の悩みについて書きましたね。その原因は、「素直な愛」が、「愛の確認」に変わったから。素直な愛でいいいのに、それがどこかねじ曲がって、確認ばかりするようになる。だから、相手に違和感を与えてしまうのです。「愛」は必要。「愛の確認」は不必要です。愛の確認ばかりに気をとられると、無意識のうちに相手の嫌がることをしてしまうもの。そも...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク