読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2014年01月のエントリー一覧

  • 自分の人生を肯定して元気になる話

    こんにちは。上村です。「傷つけられた経験」というのは、誰にでもあるでしょう。心ない言葉を言われたこととか。僕も昔、こんなことがあった。ささいなことですが、大きく傷ついたのです。僕は、「自動車の運転」が苦手です。同じ場所に行くのに、他の人より時間がかかってしまう。安全運転だからいいことだと思うのですが、職場では、「何時間かかっているんだ」などと思われてしまうことがあった。ある先輩同僚に、こんなことを...

  • カップ麺を見ながら人生を考えた話

    こんにちは。上村です。突然ですが、あなたは「カップ麺」がお好きでしょうか?だいたいお湯を入れて3分ですね。中には、5分必要なものもあります。5分なんてあっという間ですが、カップ麺を待つ時間になると、非常に長くなるものです。我慢できず、時間前に開けたら、当たり前ですが、麺が硬い。「たかが5分、されど5分」なのです。(笑)もちろん、カップ麺くらいのことならいいのです。問題は、自分の人生で同じようなこと...

  • 性格がどんどん良くなる話

    こんにちは。上村です。うまくいかない恋愛にのめり込んでいる人で、こんな悩みを持つ人がいます。「自分の性格がどんどん悪くなっていくようで、辛い」恋愛は、「自分」と「好きな人」との関係が大切だと思います。たくさんの人といっしょにいるよりは、好きな人と二人きりでいたい。少なくとも、意識として「二人の世界」を求めようとします。恋愛ですから、二人の世界を求めるのはいいにしても、極端になったら問題です。だんだ...

  • 強要されてもビクともしない話

    こんにちは。上村です。「ノリ」というのを、求められる時があるかもしれません。カラオケで、一人だけシラけているわけにもいかない。宴会で、一人だけ暗くしているわけにもいかない。しかし、輪に溶け込めないとか、消極的とかで、「ノリ」に交わるタイミングを逸する場合があります。そういう時は、「自分って、なじんでいないなあ」と辛くなるかもしれない。あなたには、そんなご経験はないでしょうか?でも不思議なことがあり...

  • 浮いてしまう人が「本当の意味でなじんで」愛される話

    こんにちは。上村です。かなり昔の話ですが、こんなことがありました。職場で、宴会があったのです。その二次会で、同僚数人と「カラオケ」に行きました。カラオケは通常、時間が経てば経つほど、盛り上がっていくものですね。お酒も入って、周りはどんどんハイテンション。僕は歌は苦手だし、お酒も飲めません。なので、おとなしくしていました。すると、「ある曲」がかかったのです。当時流行っていた、郷ひろみさんの『ゴールド...

  • 「落ち着いて」愛される極意

    こんにちは。上村です。 「何をやっても、相手との距離が縮まらない」と嘆く人がいます。「縮まるどころか、離れていく」と焦っている人もいます。悩みはわかるのですが、そもそも人間関係(あるいは恋愛)とは何かを考えてみることが大切です。好意とは、「交互作用」です。特に恋愛でよくあることですが、自分だけが、猛スピードで感情を増幅させている場合があります。好きという思いは「そのまま」でいいのです。それを、...

  • 一隅を照らしていく幸福になる話

    こんにちは。上村です。『一隅を照らす』という言葉があります。「一隅を照らす」とは、★目立たなくてもいいので、自分の置かれた立場で周りを照らしていこうという意味ですね。この「一隅を照らす」意味は素敵です。一隅とは、「かたすみ」ということですから、決して目立つ存在ではありません。派手なパフォーマンスとは無縁の世界。熱狂というのは、一時的に多くの人を夢中にさせますが、長続きはしないものです。それより、「...

  • 「隠さなくていい」「恐れなくていい」「コソコソしなくていい」愛される話

    こんにちは。上村です。昔読んだ推理小説に、『隠し場所トリック』というものがありました。通常、大切なものは、人目のつかないところに保管しますね。その心理を逆手にとって、「誰にでも目につくような普通のところ」に隠すというトリック。これは小説の話ですが、この心理は参考になるかもしれません。「一番いい隠し場所は、隠さないこと」これは、何も小説の世界だけではありません。我々の個人的なことでもそうでしょう。「...

  • 「開国」と「独立」の愛され術

    こんにちは。上村です。前回のブログで、「独立心」の話をしました。「恋愛や人間関係にも、独立心が大切」というお話でした。ここでの独立心とは、表面的な生活上のことでありません。「心の状態」つまり内面のことです。では、なぜそうなのでしょうか?独立心のある人は、「協調精神」もあるからですね。独立心と協調精神は、表裏一体です。通常、独立心というと、「自分一人で何でもする」という風に思われがちです。しかしそれ...

  • 「独立宣言」をして、もっと愛される話

    こんにちは。上村です。ある俳優が、まだ無名の頃、「日本で売れないなら、アメリカがあるじゃないか」と大ミエを切ったという話を、聞いたことがあります。「アメリカン・ドリーム」というくらいですからね。確かに、アメリカには、スケールの大きな印象があります。僕が学生の頃、ある英語の先生が、こんなことを言っていました。「アメリカは衰退していると言う人がいるが、そんなことない。アメリカは、いざという時のために、...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク