読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2014年03月のエントリー一覧

  • 「愛の憲法」の生かし方

    こんにちは。上村です。ずっと以前ですが、本屋さんで立ち読みをしていました。何の本を見ていたかというと・・・「日本国憲法」です。立ち読みする人はたくさんいます。でも、「日本国憲法」を立ち読みしている人はあまりいないでしょう。特に理由はありません。ただ何となくです。僕は一応、学生時代は、法学部だったのです。しかしながら、今まで憲法などあまり読んだことがなかった。憲法くらいは、目を通しておいた方がいいの...

  • そのままの自分をそのまま見てもらって愛される話

    こんにちは。上村です。あなたは、「背伸び」をすることはないでしょうか。「背伸び」といっても、体操の事ではありません。(相変わらず、ジョークが冴えません)「自分をよく見せようとすること」ですね。職場などでも、あるかもしれませんね。「上司に信頼されたい」「同僚から一目置かれたい」という思いから、必要以上に虚勢を張ってしまうのです。失敗をできるだけ隠そうとする。しかし、後で発覚して、余計にマズイ立場にな...

  • 相手の気持ちを考えているつもりなのに、どうして相手の気にさわることをしてしまうのか?

    こんにちは。上村です。「相手の気持ちを詮索する」「相手の気持ちを考える」この二つは似ているようで、実は違います。恋愛で考えてみれば、よくわかると思います。詮索するのは、相手の気持ちを考えているようで、実は単に「ヤキモキしている」だけの場合が多い。堂々巡りを繰り返し、事態を複雑にしているのです。複雑に考え過ぎているのです。気持ちをもっとニュートラルにすることです。そうすれば、「本質」が見えてきます。...

  • 本当の自分を発揮して、ささいなことに傷つかず、たくましく生きる方法

    こんにちは。上村です。あなたには、「自分を励ます言葉」があるでしょうか?「座右の銘」みたいなものですね。僕は若い頃、何か辛いことがあったら、こう自分に言い聞かせていました。『馬鹿になれ』と。もちろんこれは、文字通りの意味ではありません。「愚か」という意味ではないのです。「純粋な自分を取り戻せ」という意味なのです。小さなことに傷つけられている自分を勇気づける言葉です。とにかく、現代人は、神経をすり減...

  • 存在感がないように見えて、実は存在感がある話

    こんにちは。上村です。今回は、「文学的余韻のある話」をしたいと思います。(笑)『シェークスピア』の話です。シェークスピアは、16世紀のイギリスの作家です。誰もが聞いたことがある名前だと思います。「リア王」「オセロ」「ハムレット」「マクベス」「ロミオとジュリエット」・・・と、挙げていけばキリがないくらい、数多くの作品を書いた人物です。ところで、このシェークスピアには、一つの「怪情報」があるらしい。「...

  • どうすれば、愛情が伝わるだろうか?

    こんにちは。上村です。「共感」というのは、大切ですね。友情も恋愛も人間関係も、相手に共感するからこそ始まります。共感とは、相手の心情を思いやることです。相手の感情や考え方に共鳴することです。相手が困っていたら、手助けするとか、励ますとか、勇気づけるとか、そういうことです。ところが、恋愛でよくあるかもしれませんが、相手と「一心同体」を求めてしまうことがあります。相手の自由意思まで奪おうとしてしまうの...

  • 「格好いい人」はいるか?

    こんにちは。上村です。突然ですが、「英雄(ヒーロー)」というものがありますね。歴史上の偉人は、映画になったりドラマになったりしています。誰でも、英雄やヒーローに憧れる気持ちがあるかもしれない。その昔、大河ドラマで、『北条時宗』がありました。北条時宗は、鎌倉時代に「執権」を務めた人物。執権というのは、「将軍の補佐役」です。当時は、執権こそが、「政治の最高責任者」だったのです。彼は、ある大事件でとても...

  • 「地味な人」が真実の魅力を発揮する方法

    こんにちは。上村です。自分の存在が、「とても地味だ」と思っている人がいます。集団の中で、浮いてしまう。一人だけ、ポツンとしてしまいがち。居酒屋で、周囲はワイワイしているのに、自分は話についていけない。そんなこともあるかもしれません。何とか目立とうとするのですが、うまくいかない。かえって周囲は引いていくよう。いったいなぜでしょうか?前回のブログでも書きましたが、「目立とうとする必要はない」のです。目...

  • 桜の愛される話

    こんにちは。上村です。これからの時期は、冬の寒さも終わりを迎えます。そして、春の到来。その印象を強くするのが、「桜」ですね。多くの人は、桜を愛し、花を咲かせる時期に期待します。「魅力」というものを考える上で、この「桜の花」は参考になるのではないでしょうか。桜は、年に一度だけ咲きます。開花期間も短い。めったに姿を見せないわけです。だから、桜が待ち遠しいし、来年に期待する気持ちも湧いてきます。まさに魅...

  • 好きな人の気持ちがわからず悩んでいる人へ

    こんにちは。上村です。あなたは、姑息なことをしてしまったことはないでしょうか?恋愛などで、よくあるかもしれませんね。同じ職場に、好きな人がいる。「帰るのですか?自分もそう。いっしょに帰りましょう」と偶然の装う。実は、相手が帰る時間を見計らって、慌てて仕事を片付けていたりとか。(笑)自然にそうなるならいいのですが、作為的に出会いを演出しても、なかなかうまくいきません。中には、自分の恋心に振り回されて...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク