読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2014年07月のエントリー一覧

  • 「できない」と言っても、誰も期待外れだと思わないから、安心していい話

    生き方 - 2014/07/31

    こんにちは。上村です。自分にできないことを、「できます」と答える人がいますね。明らかにできないことまで、「できます」と答えてしまう心理は、どういうものでしょうか?やる気が空回りして、思わず言ってしまうこともあります。「自分をよく見せたい」と思う気持ちが、強い場合もあるかもしれません。あるいは、「できない」と言うのが、相手に対して悪いような気がするという、優しさの裏返しである場合もあります。また、「...

  • 「実は凄い自分」を発見して、みんなを幸せにしていく方法

    生き方 - 2014/07/30

    こんにちは。上村です。「要領のいい人」って、あなたの周りにもいるのではないでしょうか。自分が一日かかって、やっと完成した仕事を、その人は1時間くらいでやってのける。そうなったら、周囲は「早く仕事を終える人」を頼りにします。もちろん、「早いからいい」と言っているのではありません。正確さもあるので、「早い」というのは、一つの要素にすぎません。ただ、仕事ですから、どうしてもスピードを要求されることもある...

  • 「恋愛依存」と「愛情」は違う話

    愛の話 - 2014/07/29

    こんにちは。上村です。こんなことを考えてみてくださいね。「おい飲みに行こう」と先輩に誘われます。そして、飲みながら、いつも仕事のことで怒られるのです。職場ならまだしも、楽しく会話したい場所。でも先輩は、酒が入ると、いつも攻撃的になるのです。僕なら絶対、飲みになど行きたくありません。ところが、こういう先輩に、いつもついていく人がいます。「先輩の誘いだから仕方がない」と、イヤイヤお供しているのかと思っ...

  • 「追いかけ症候群」を脱して、本当に幸せになっていく方法

    恋愛 - 2014/07/28

    こんにちは。上村です。あなたは日常で、「辛いな」と思うことはないでしょうか?誰にでも、そんな瞬間はあるでしょう。「恋愛が辛い」「人間関係が辛い」「家事が苦痛」「職場が苦痛」「勉強から逃げたい」など。でもそんな時こそ、「マイナスをうまく乗りこなせば、高次のプラスになるはずだ」と思うことなのです。前回のブログに書いた通りです。「行き詰まる」ということは、それだけ物事を真剣に取り組んでいるからです。何か...

  • 悪い言葉が横行する中で、自分は「いい言葉」を使って、幸福を作っていく話

    愛の話 - 2014/07/27

    こんにちは。上村です。前回のブログで、「たくさん傷ついたら、その分得をしている」という話をしました。傷ついた経験のある人は、「人が傷つくことがいかに辛いか」を痛感します。なので、「自分はそんなことをしない」と決心ができるのです。まさにこれは、「得」ですね。視野が広がったのですから。得も得、これ以上ない「得」です。こんな考え方をする人は、あまりいないでしょう。むしろ、傷つくことを恐れて心が弱くなり、...

  • たくさん傷ついたら、その分得をしている話

    付き合い方 - 2014/07/26

    こんにちは。上村です。あなたは、こんな疑問を持ったことはないでしょうか?僕は、昔から「どうしてだろう?」と思っていたのです。俗に言う「汚い言葉」って、ありますよね。「バカヤロー」とか「コノヤロー」 とか、そんな言葉です。(ボキャブラリーが貧弱なのをお許しください)議会のヤジが問題になっていますが、議会のみならず、それはどこにでもあるでしょう。学校にもあるかもしれません。先生が生徒に、「汚い言葉を使...

  • 自信満々に愛し愛される方法

    愛の話 - 2014/07/25

    こんにちは。上村です。「自信がありません。どうしたらいいですか?」というご相談を、受けることがあります。周囲の人は自信満々(のように見える)。なのに、自分はなぜか自信が持てない。「いったいどうして?」と悩まれているのですね。そのお気持ちはよくわかります。他人は、自信ありげに見えるものです。でも、実際はそうでもありません。誰でも自信を失う時もあります。態度に見せなくても、心の中に葛藤を抱えているかも...

  • 「本当の自分」を見つめていけば、いつだって「本当の自信」が身につくという話

    生き方 - 2014/07/24

    こんにちは。上村です。前回のブログで、「自分だけの履歴書」の話をしましたね。「自分だけの履歴書(隠れた自分)」を意識することで、自信を持つことができるのです。「自分だけの履歴書」は、他人からは見えません。例えば、通常の履歴書には、「○○中学入学とか、○○高校卒業」とか、書きますね。「○○高校の受験も考えたが、いろいろあって○○高校にした」なんてことは書きません。その時、悩んだこととか、葛藤したこともあった...

  • 「実はかなりしっかりした自分」に気付く自信術

    生き方 - 2014/07/23

    こんにちは。上村です。突然ですが、『履歴書』というのは2種類あるのをご存知でしょうか。2種類?「面接用」と「お見合い用」・・・という意味ではありません。まず一つ目。これは「普通の履歴書」ですね。例えば、就職活動で、会社に提出するような履歴書です。自分の経歴が書いたもの。何年に「○○学校入学」、何年に「○○学校卒業」とか。「性格・趣味・特技・資格」なども書きます。「志望動機欄」にも、いろいろ書く。要する...

  • 追いかけなくて、愛を実現する話

    愛の話 - 2014/07/22

    こんにちは。上村です。「以心伝心」のようなことがありますね。特に、付き合いの長い関係になると、相手を見ただけで、何となく言いたいことがわかったすることもあります。「心と心が通じ合う瞬間」といっていいかもしれません。お互いの信頼関係が、そういったことを生むのです。普通の人間関係にも、家族間にも、友情にも、恋愛にも、それはあります。ただ、恋愛になると、少し複雑になることがあります。「相手の気持ちを推し...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク