読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2014年09月のエントリー一覧

  • 相手を思っているのに、相手が離れていくのは、「本当の愛」に気付くための試練

    愛の話 - 2014/09/29

    こんにちは。上村です。前回のブログで、「個性とは何ぞや?」という話をしました。「個性とは、調和の中で発揮される」ということでしたね。「個性的」というと、何か「特殊なことをしなければならない」と思う人がいます。でも、そうではないのです。その特殊なことが、単に自分に注目を集めたいだけなら、あまり意味がありません。特殊なことでも、普通のことでも、どちらでもいいのです。それが誰かのためになればいい。他人の...

  • あなたが今から「個性的に」なって愛される方法

    生き方 - 2014/09/28

    こんにちは。上村です。今回は、『個性』について考えてみたいと思います。但し、「個性を持とう」的な話とは、少し違います。個性は、誰にでもあるのであって、「持とう」という表現はおかしいのです。「個性が強い」「個性が弱い」という表現もありますね。これもおかしいのです。個性は、誰にでもあります。「強い弱い」などというものではありません。また、誰かと誰かを比較して個性を考えること自体、個性をないがしろにして...

  • 完璧を求めなくなれば、かえっていろいろなことができるようになる話

    生き方 - 2014/09/27

    こんにちは。上村です。何かに一生懸命になるのは、いいことですね。ところが、それが高じて「完璧主義」に陥る人がいます。「完璧でなければならない」と思う。ところが、完璧主義にとらわれると、だんだん何も手がつかなくなっていくことがあります。「何事も完璧にせねば」という思いが、かえって行動を妨げてしまうのです。あなたには、そんなことはないでしょうか?恋愛にもあるでしょう。恋愛感情が高じて、「完璧主義」にな...

  • 「前向きに生きよう」という人生訓を、本当に実現する方法

    生き方 - 2014/09/25

    こんにちは。上村です。昔、『ある愛の詩』という映画がありました。あなたはご存知でしょうか?「身分の違いで、結ばれぬ恋」という古典的なストーリーです。その中で、こんな名セリフがあるのです。『愛とは決して後悔しないこと』確かにその通りです。恋愛に悩むと、後悔の念が湧いてきたりすることもあります。「どうして、好きになってしまったのだろう?」と。でも、その恋愛を選んだのは、紛れもない自分自身です。誰かに命...

  • 今ここで、「最高の会話」ができる方法

    会話 - 2014/09/24

    こんにちは。上村です。言葉には、「タイミング」がありますね。同じ言葉でも、タイミングの善し悪しで、相手に伝わったり、伝わらなかったりすることがあります。例えば、こんな例を考えてみましょう。好きな人がいるとします。自分の思いを、相手に打ち明けたい。「今日こそ言おう」と考えます。その好きな相手と食事に行く。食事も終わって、帰り道。道を歩きながら、(さあ、言うぞ)と思った瞬間・・・「では、お疲れ様でした...

  • 悪口を待っている人はいないけど、「いい言葉」を待っている人はたくさんいる話

    愛の話 - 2014/09/22

    こんにちは。上村です。「批判上手だと、賢いと思われる」という、誤った思考に陥っている人がいます。当然ですが、そんなことで賢いと思われることはありません。批判ばかりしていたら、他人に敬遠されることもそうですが、自己嫌悪に陥ってしまうでしょう。相手を批判していたのが、「我が身」に返ってくるのです。適切な批判が必要な場合もあるでしょうが、批判というよりも、悪口になっている場合が多いのです。批判や悪口の多...

  • 「大肯定精神」で、愛を引き付ける話

    愛の話 - 2014/09/21

    こんにちは。上村です。あなたは、時に、他人を「批判的な目」で見てしまうことはないでしょうか?大きなことから小さなことまで、あるかもしれません。例えば、職場などでもありますね。上司や部下や同僚を、批判的な目で見ることです。「あの人の仕事は、いつも雑だ」「自分なら、もっと緻密にするのに」と思います。しかしその「雑な同僚」が、上司から気に入られているとします。(上司には見る目がないのか)と、これまた批判...

  • 話の輪に加われず浮いてしまうのが怖い人に捧げる話

    付き合い方 - 2014/09/20

    こんにちは。上村です。よく、「話に加われない」と嘆く人がいますね。会話に入るきっかけが、うまくつかめないのです。周囲は、自分のことなど意に介さず、楽しい会話を続けているように見えます。もしその中に、好きな異性でもいたら、いっそう気持ちが萎えるかもしれません。「あの人にどう思われているだろうか?」と気になるかもしれない。もちろん、話に加われないからといって、嫌われているわけではありません。ただ、何と...

  • 好きな人と話をしたいのに、思えば思うほど、話す機会が遠ざかっていく理由

    付き合い方 - 2014/09/19

    こんにちは。上村です。あなたは、好きな相手との「すれ違い」に、悩んだことはないでしょうか?「今がそう」という方もおられるかもしれません。もちろん、恋愛だけではなく、友人関係にもありますね。人間関係にもあります。家族間でもあるでしょう。今まで気持ちが一致していたのに、どういうわけか合わなくなっていくのです。そういう場合は、焦るかもしれません。何とかしたいと思います。焦るあまり、必要以上に相手にしつこ...

  • いくら好きな相手でも「違いがあって当然」という話

    愛の話 - 2014/09/17

    こんにちは。上村です。以前、こんなテレビ番組を見たことがあります。あるタレントが、「自慢料理」を作ります。「自慢料理」といっても、別にたいしたものではありません。簡単にできて、材料費もかからない。しかも、「高カロリー」なのです。この料理は、そのタレントさんにとって、「思い出」のあるものらしい。仕事が少なかった時代に、節約のために、あみだしたのがこの料理。「低価格」で「高カロリー」なのですね。でも、...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク