読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2015年09月のエントリー一覧

  • 「過去」と交際せず、「今」と交際しよう

    生き方 - 2015/09/29

    こんにちは。上村です。「世の中ぶっそうになった」と言われることがありますね。確かに、日常で様々な事件があります。(治安が悪くなったなあ)と思うこともあるかもしれない。でも、本当に悪くなったのでしょうか?統計的に言うと、犯罪の発生率は下がっているそうです。となれば、「昔に比べて安全になった」と言っても間違いではありません。ところが、そんな声はあまり聞こえてこない。(犯罪が増えたぞ)と思う。なぜでしょ...

  • せちがらい世の中の「せちがらくない話」

    生き方 - 2015/09/28

    こんにちは。上村です。「せちがらい世の中になりましたね」という言葉があります。「せちがらい世の中」「先の見えない時代」という言葉は、いつだって飛び交います。ところで、「先の見えない時代」と言いますが、それは今に始まったことなのでしょうか?そもそも、「先が見通せた時代」なんてあったのでしょうか?「昔はよかった」と言う決まり文句がありますが、本当にそうでしょうか?もしタイムマシーンで過去に戻ることがで...

  • 探し求めていたものが見つからず、よく見たら「近く」にあった幸福の話

    生き方 - 2015/09/25

    こんにちは。上村です。こんな言葉があります。『医術は患者を慰めることにあり、自然は病気を治す』・・・ヴォルテール「病気を治すのは医者」というのは勘違いです。もちろん、治療が無駄とか、そんな意味ではありません。ただ、自分の「不調和」から、様々な病気が起こっているのも事実。先天性のものよりも、そちらの方が多いでしょう。入院して病気が改善に向かったとしても、不調和なままなら、また同じような病気になってい...

  • 押しても引いてもダメで、ただ「素朴な気持ち」が大切な話

    愛の話 - 2015/09/24

    こんにちは。上村です。「恋愛」でこんなことを考える人がいます。好きなった人を追いかける。でも反応がよくない。そこで、ずっとアプローチし続け、ある時、「ぴたっと」やめてしまう。急に、よそよそしくするのです。すると相手は、「どうしたのだろう?」と気になる。今までとは打って変わって、相手が自分に好意を向けてくれる、というのです。でも本当に、こんな作戦?がうまくいくのでしょうか?一時的に、相手の反応がよく...

  • 自己宣伝しても、愛情を示しているわけではない話

    生き方 - 2015/09/16

    こんにちは。上村です。こんなことを考えてみましょう。あなたに好きな異性がいるとします。その人から注目してもらいたい。「自分はここにいるよ」ということを示したい。相手に対して、わざと大げさな態度をしたり、駆け引きをしたり、しつこくしたりします。好意を伝えたい気持ちは、もちろんわかります。でも、「愛情」と「自己宣伝」は違います。愛情とは、自分の「純粋な気持ち」です。純粋な気持ちを発揮すればいいだけなの...

  • 「ほしい」をやめて、「発揮する」にすれば、大きく変わる話

    付き合い方 - 2015/09/10

    こんにちは。上村です。僕が小学校の頃に、こんなことがありました。「給食の時間」です。学校給食のおかずが、「おかわり自由」だったのです。人気のあるおかずは、クラスメートが列を作ります。僕はたまにおかわりをしていたのですが、そこで「不思議なこと」がありました。どういうわけか、「僕を最後に」おかずがなくなってしまうのです。僕は、おかわりにありつけた最後の人。僕が、かき集めて終わりです。単なる偶然ですが、...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク