読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2015年11月のエントリー一覧

  • メールが来るか来ないか、いつまでも悩んでいる人に捧げる話

    生き方 - 2015/11/28

    こんにちは。上村です。突然ですが、あなたは、「何も映らないテレビ画面」を、ずっと見続けることができるでしょうか?たぶん、できないと思うのです。意味がないからですね。「意味のないこと」をし続けるのは、大きな苦痛です。ところが場合によっては、そんな「意味のないこと」を、繰り返すことがあります。例えば、好きな人がいるとします。その人の「メール返信」を待っている。「いつメールが来るか」と、携帯電話とにらめ...

  • 自分が求めるようなタイプの人に、自分がなる話

    付き合い方 - 2015/11/26

    こんにちは。上村です。人間関係の悩みを持つ人は、こう考えがちかもしれません。「もっと、いい人が周りにいてくれたらなあ」と。「包容力ある上司」「素直な部下」「優しい夫」「優しい妻」「性格の合う友人」「尊敬できる先生」「分かり合える恋人」・・・みたいな人が周囲にいたら、どれだけ素敵だろうか。ところが、周囲には、なぜか逆の人がいます。「包容力のない上司」「言うことを聞かない部下」「冷たい夫」「冷たい妻」...

  • 劣っていると感じるからこそ、長所が発見できる話

    生き方 - 2015/11/24

    こんにちは。上村です。前回のブログで、「自分の人生は、表からも裏からも、自分自身を支えてくれている」という話をしました。自分にとって都合の悪いことも、長い目で見れば、「都合のいいこと」になっているかもしれないのです。逆に、何もかもうまくいっていることが、かえって自分にとって都合の悪いことになるかもしれません。注意からチヤホヤされて、わがままなことも何でも叶えられたら、どんな人でも「暴慢」になる可能...

  • 幸せなことがあって幸せになるのではなく、幸せを受け取る力を養って、初めて幸せになる話

    生き方 - 2015/11/22

    こんにちは。上村です。昔、こんなことがありました。ある知り合いがいました。彼は、高校を卒業したばかりです。そんな彼がふと、「プロスポーツ選手になりたい」と言い出したのです。僕は驚きました。なぜなら彼は、その競技の経験が全くないからです。スポーツ自体、それほど得意でもないよう。それが、「プロ選手になりたい」とは。大変驚きました。最初は冗談かと思ったのですが、どうやら半分本気。「どうしてプロスポーツ選...

  • 裏切られたら辛いけど、そんな人と知らずにずっと付き合わなくてよかったということもある話

    付き合い方 - 2015/11/15

    こんにちは。上村です。一時的なものに目を奪われて、「本当に大切なもの」を見失うことはないでしょうか。例えば、会社勤務で、同僚が先に出世したら、その時はショックかもしれません。しかし未来なってみれば、「遅れた人」の方が、本当の意味で得をしていることも多々あります。その悲しさをバネに、他者への思いやりを深める人がいます。その悔しさをバネに、いっそうの努力をする人がいます。その失望をバネに、本当に大切な...

  • 通りすがりに笑われても、別にたいしたことではない話

    生き方 - 2015/11/14

    こんにちは。上村です。「周囲が変わった」と感じることはないでしょうか。普通にしているのに、何となく周囲が冷たような気がする。「自分はいつもと同じなのに、通りすがりに笑われた」みたいな。学生時代にあったかもしれません。何人かの人が、集団でしゃべっています。その横を通り過ぎた時、急に笑われた。(自分のことを笑ったのだろうか)と不安になります。でも、たいていは勘違いです。しかし何かあると、自分自身に理由...

  • 相手が引いていくのは、自分の存在を見せようと焦るから

    付き合い方 - 2015/11/12

    こんにちは。上村です。あなたは、「自己開示」が得意でしょうか?「なかなかできない」という方もおられると思います。しかし、それは誤解ですよ。自己開示の真の意味が、誤解されているのです。「自己開示」とは、「素っ裸になること」ではありません。「露出」とは違うのです。誰だって、人に触れられたくないこともあるでしょう。そっとしてほしいこともあるものです。自分にそれがあるように、他人にもそれがあります。そこを...

  • 自分を語ることが苦手なのは、自分を語ろうとし過ぎるから

    付き合い方 - 2015/11/11

    こんにちは。上村です。以前、こんなことがありました。自宅で、一人の時。暑かったので、部屋の中で、薄着でいました。いや、薄着というよりも、裸に近い状態。そんな時、「ピンポーン」と宅配の人が来たのです。あわてて服を着る。これが結構、面倒です。何せ、ほとんど裸状態なのですから。あわててシャツを着たのが、裏返しで、しかも前後が逆だった。(笑)まあ、そういうことはありますね。そこで思い出したのですが、外国に...

  • 恋愛に悩んで、追いかけ回すことと、その悩みから、真の優しさを見出していくこととの違い

    付き合い方 - 2015/11/10

    こんにちは。上村です。前回のブログで、「心配」について書きましたね。感受性は、マイナスではなく、プラスに使っていくべきです。心配ではなく、「気遣い」です。「建設的な方向」が大切です。そもそも感受性自体が、本来長所なのです。「よく気がつく」ということですから。それを悩みに変えるか、喜びに変えるかは、自分次第です。例えば、恋愛の悩みというのは、大変辛い悩みです。感傷的になって、切なさに苦しみます。時に...

  • 感受性を、心配ではなく、「正しい方向」に使っていけば、もっと状況がよくなっていく話

    付き合い方 - 2015/11/09

    こんにちは。上村です。突然ですが、あなたには、何か「心配事」があるでしょうか?例えば、恋愛で、いつも心配ばかりしている人がいます。(好きな人にフラれたらどうしよう)と考えてしまう。また、職場では、仕事の成り行きが気になります。(この仕事は、うまくいくのだろうか?)と心配になる。上司に怒られやしないか、ビクビクすることもあるかもしれません。家庭では、子育てや家事の心配がありますね。学生さんは、勉強や...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク