読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2015年12月のエントリー一覧

  • 「何もなかった年」が、実は「大きく変わっていた年」だった話

    生き方 - 2015/12/31

    こんにちは。上村です。今日は、大晦日ですね。「もう大晦日の話題はいいよ」とおっしゃる方。はい、僕もそう思います。(笑)でも、1年を振り返るのも、来年のことを考えるのも、「大晦日特有」かもしれません。「今年は何もなかった、来年こそ」「今年はいろいろあった、来年は落ち着いた年に」など、人それぞれですね。しかし、多くの方は、「いつもと変わらない一年だった」と、今年を振り返るかもしれません。ドラマではない...

  • ビクビクしなくなれば、相手のことがわかってくる話

    付き合い方 - 2015/12/29

    こんにちは。上村です。「コミュニケーションが苦手」という方が、いらっしゃると思います。最近は、「コミュ障」なる言葉があるらしい。嫌な言葉です。あたかもそれが、「何かの欠点」であるかのような誤解を与えています。その結果、「欠点でないもの」を、欠点と思い込んでしまうのです。かえって意思疎通がうまくいかないことに、拍車をかけています。これは、一種の「洗脳」です。たいしたことではないのに、あたかも「重大で...

  • 今のあなたで「たくましく」なる方法

    生き方 - 2015/12/26

    こんにちは。上村です。以前、こんなシーンを見たことがあります。「ある本に対する批評」を、数人がしていました。批評するくらいなので、当然、全員その本を読んでいるはず。と思ったら、読んでる人は、ごく少数のよう。(笑)その中の多くは、読んでないその本を、批評していたのです。どうすれば、読まない本の批評ができるのでしょうか。しかし、それなりに語っていたから、不思議。(笑)でも、誠実な態度とは、言い難いです...

  • 恋愛や人間関係で困ったら、「すれ違い」をプラスに変える勇気を持つこと

    付き合い方 - 2015/12/24

    こんにちは。上村です。恋愛や人間関係で、「相手のことが理解できない」と悩む人がいます。でも、100%理解するということは、できるはずもありません。それぞれに個性があります。いくら大好きな人でも、すべてを理解することなど難しいでしょう。相手も同じですね。あなたのことをすべて理解しているかといえば、そんなことはないでしょう。でも、その「理解できない部分」を含めて魅力を感じているから、あなたのことが好き...

  • 「他人に何を言われるか」ではなく、「自分が何をするか」を大切にすれば、ビクビクしなくなる話

    生き方 - 2015/12/21

    こんにちは。上村です。以前の話です。僕は、車を走らせていました。そこは国道。珍しく、あまり車が走っていなかったのです。僕は、調子よくスイスイ運転していました。すると、しばらくして、突然「気配」を感じた。バックミラーをチラっと見ると、白バイが追いかけてくるではありませんか。(自分とは関係ない)と思ったら、違いました。僕の車の横にバイクを近づけ、「止まれ」の合図をします。何が起こったのか、サッパリわか...

  • 「お互い好きなのにいがみ合ってばかりいる」は本当か?

    付き合い方 - 2015/12/18

    こんにちは。上村です。「お互い好きなのに、いがみあってばかりいる」というのは、恋愛ドラマによくあるパターンですね。「実は互いに惹かれあっている」「でも素直になれず、いつもケンカばかり」さて、二人の恋の行方は・・・というような内容が典型的です。僕は子供の頃、そのような恋愛系ドラマを見ていました。子供ですから、恋愛があまりよくわからない。ケンカしている場面を見て、「ああ、そうか。好きな男女はケンカする...

  • 「変化を怖がっていてはいけないよ」という話

    生き方 - 2015/12/13

    こんにちは。上村です。世の中には、「結果主義」がはびこっている部分がありますね。職場でもそうです。例えば、営業先で、自分と性格が合わない人がいます。だからといって、上司に、「相手と性格が合わないので、売り上げが伸びません」という言い訳はしにくいです。言い訳したいことは山ほどあっても、なかなかできないもの。そういえば、僕の知人に、こんな人がいました。彼は、営業マンです。先月に比べて、営業成績が落ちた...

  • 「叶わない願いは、もっと大切なことに気付かせるため」という話

    生き方 - 2015/12/10

    こんにちは。上村です。僕が中学生の頃、こんな事を考えたことがありました。当時は、学校が荒れていた時代。どのクラスにも、「素行不良っぽい生徒」がいたのです。また、教師にも、どうかと思う人がいました。乱暴な言葉づかいを、平気でする教師もいた。体罰もありました。今から考えると、よく我慢したものです。(笑)もちろん、「自分はちゃんとした生徒だった」などと言っているのではありません。ただ、周りのそんな雰囲気...

  • 「嫌な関係、辛い状況は、自分を奮い立たせようとする人生の深い配慮」という話

    生き方 - 2015/12/07

    こんにちは。上村です。こんなことを考えてみてください。仕事や人間関係が順調なら、職場は楽しいでしょう。でも、うまくいかなくなると、「苦痛の場」と化します。仕事内容は変わらなくても、自分の置かれた状況で、気持ちが上下します。例えば、学生時代にも、そんなことはあったかもしれませんね。横の席が好きな人だったら、嬉しいでしょう。学校に行くのも楽しいです。ところが、「一番前の席」だったら、どうでしょうか?教...

  • 僕の文庫本を、直接ご自宅にお送りします。「すごい特別レポート」もお渡しします。

    著書 - 2015/12/06

    こんにちは。上村です。皆様にご連絡です。この度、僕が出版した「文庫本」についてです。ネットでの「手続きが不要」で、簡単に本を手にしていただけるようになりました。出版社から本を取り寄せ、僕の方から、直接本をご自宅へ郵送します。「銀行振込」でのご購入が可能になります。「直接文庫本を自宅に郵送してほしい」という方がおられましたら、ご連絡いただけますでしょうか。ツイッターやフェイスブックから連絡していただ...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク