読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2016年02月のエントリー一覧

  • 「ピンチの自分」を救ってあげる方法

    生き方 - 2016/02/27

    こんにちは。上村です。昔、勤めていた職場で、「異常にプライドの高い人」に出会ったことがあります。その時は苦労しました。同じような経験をされた方がいらっしゃるかもしれません。周囲に高慢な人がいたら、疲れますよね。その人もそうでした。ささいな相手の一言を、「自分が馬鹿にされた」と思い込む。そんな性格ですから、周囲はまるで「腫れ物」に触るかのようにその人に接します。それがまた不満なのです。「みんな冷たい...

  • どう考えてもおかしいことは、捨て去る勇気が必要

    生き方 - 2016/02/19

    こんにちは。上村です。突然ですが、『廃刀令(はいとうれい)』というのを、ご存知でしょうか。「日本史の教科書」に出てきますね。文字通り、「刀を廃す」こと。昔は、武士がいて、刀を身につけていました。いわば、「武士の身分証」のようなもの。ところが、明治維新が起きて、世の中は、少なくとも形の上では、四民平等になりました。「士農工商」で分けられていた身分制が、廃止されたのです。武士は、特権階級でなくなりまし...

  • 初めてもらったチョコレートで、不満になったおかしな話

    付き合い方 - 2016/02/14

    こんにちは。上村です。本日は、「バレンタインデー」ですね。僕には、こんな思い出話があります。あれは中学生の頃。バレンタインデーの日でした。初めて、クラスの女の子から、チョコレートをもらったことがあります。これはとても嬉しかった。何せもらったのは初めです。それに、僕の方も、その子に気があったので。自宅に戻ってから、チョコレートを眺めてニヤニヤしていました。食べるのは惜しかったので、飾っておくことにし...

  • なるようになっていく「余裕」の話

    付き合い方 - 2016/02/13

    こんにちは。上村です。あなたは、人間関係にとって、何が一番大切だと思われるでしょうか?僕なら、こう答えます。「心の強さ」と。でも勘違いしないでくださいね。表面的なことではありません。押しが強いとか、そんな意味ではないのです。もっと、「内面的な話」です。では、心が強いのと弱いのとでは、何が違うのでしょうか?例えば、恋愛で考えてみましょう。好きな人の「些細な言葉」に、傷ついたりすることはないでしょうか...

  • 心配しなければ何事もうまくいく話

    生き方 - 2016/02/11

    こんにちは。上村です。「結果」ばかり気にすると、えてして気力が失せることってありますよね。恋愛や人間関係もそう。「恋人を作ろう」「人脈を築こう」などと思いすぎると、落ち着いた付き合いができなくなってしまう。結果にばかりこだわって、焦ってしまうのです。不安や心配が先にくる。「もしこの関係がうまくいかなかったらどうしよう」などと考えてしまう。別れを恐れて、その結果かえって自分から別れる原因を作ってしま...

  • 100の願望より、地道な1歩の方が勝るという話

    生き方 - 2016/02/08

    こんにちは。上村です。前回のブログで、「ウサギとカメの新解釈」の話をしました。「ウサギとカメの物語」は誰でもご存知ですね。「能力を過信して、努力を怠れば、失敗するよ」という戒めを説いたもの。それに加えて、僕なりの「新解釈」をしたいのです。「カメの立場」で考えてみましょう。ウサギと競争することになった時、カメはどう思ったでしょうか?どれくらいの距離か知りませんが、カメにとっては「とてつもなく長い距離...

  • 「先が見えない」という素晴らしい話

    生き方 - 2016/02/07

    こんにちは。上村です。『ウサギとカメの物語』は、とても有名ですね。イソップ寓話に出てくるお話。むかしむかし、あるところに、「ウサギとカメ」がいたのです。ウサギ  「君は足が遅いそうだね」カメ   「失礼な」ウサギ  「君はのび太くんより足が遅いそうじゃないか」カメ    「それがどうした」みたいな会話があって(会話は想像)、結局、山のふもとまでマラソンで勝負することになりました。普通なら、ウサギの...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク