読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2016年03月のエントリー一覧

  • いつもくじけているあなたに、勇気をもたらす話

    生き方 - 2016/03/31

    こんにちは。上村です。愛というのは、元来「喜び」ですね。愛し愛されるというのは、嬉しいものです。にもかかわらず、愛情問題に悩む人がたくさんいます。「好きな人が振り向いてくれない」と悩んでる人がいます。「気持ちが通じない」と悩んでいる人がいます。愛が喜びであるなら、それはおかしなことです。悩みが膨れ上がってしまう人は、あまりに余計なことまで考えすぎています。混乱してしまって、悩まなくていいことまで、...

  • 嫌われてもどうってことはないが、自分の長所を発揮できなくなったら問題

    付き合い方 - 2016/03/30

    こんにちは。上村です。僕は若い頃、こんな事がありました。行ったことのないような「高級レストラン」で、食事をすることになったのです。高級レストランですから、「作法」が気になります。ナイフやフォークの扱い方テーブルマナーとても気になったのです。目の前に料理を出されても、手をつけるのに気が引けた。(無作法なことをしていないだろうか)と心配になったのです。「品のない人」と思われたくなかったのですね。そこで...

  • 好きな人にマンションを買ってあげられるか?

    愛の話 - 2016/03/25

    こんにちは。上村です。付き合いって、大まかに言って「2種類」ありますね。『同性との付き合い』『異性との付き合い』大まか過ぎますか・・・?(笑)では、同性と付き合うのと異性と付き合うのとでは、どちらが難しいのでしょうか?あなたは、いかがですか?多くの方は、「異性との付き合い」を難しいと考えるかもしれません。同性なら、比較的気楽に交際できますから。ところが、「異性」になると、途端に身構えてしまう。例え...

  • 「自分を見つめる」とは、今の自分に安住するのではなく、「今の自分に挑戦する決意を固める」こと

    生き方 - 2016/03/19

    こんにちは。上村です。行き詰った時、「自分自身を見つめ直す」のは大切でしょう。それは力を得るためです。もう一度、素朴な気持ちになって、気持ちを立て直すことです。また動き出すための「きっかけ」ですね。ところが、いつまでもカラに閉じこもって、一向に動き出せない人がいます。それは反省しているようで、実は「後悔」しているだけかもしれません。過去の失敗ばかりにこだわり、「自分は駄目なのではないか」と思ってし...

  • 今から、「できないと思っていたこと」が、きっとできるようになる話

    生き方 - 2016/03/17

    こんにちは。上村です。昔、こんな経験をしました。「ある研修会」がありました。不特定多数の「様々な職種の人」が参加。僕の職場からも、僕自身を含めて、何名かが参加しました。三日間程度行われ、最後に「発表会」があります。今まで学んだことを、全員に向けて説明するのです。参加者一人一人が、必ずそれをします。もちろん僕にも順番が回ってきました。普通に説明して終わったのですが、終了後、参加者のある一人から、こん...

  • 愛を伝える正しい方法

    恋愛 - 2016/03/12

    こんにちは。上村です。こんな例を考えてみてください。職場に、好きな異性がいるとしましょう。そんなに親しく会話したことはありません。でも、「結婚したい」と思っています。そんな間柄で、「結婚したい」というのは変かもしれませんが、まあ、「気持ちが先走っている状態」ということですね。そこで、いきなり、給湯室で、「僕のために、一生お茶を入れてほしいな」なんて言ったらどうなるか?ジョークでなければ、これは「告...

  • 「別れを恐れなけれれば、いい関係になる」という話

    付き合い方 - 2016/03/10

    こんにちは。上村です。もうすぐ「4月」ですね。4月といえば、出会いのシーズン。職場でも学校でも、新たな出会いがあります。「出会い」と聞くと、楽しい印象ですね。もちろんそれはそうですが、実は我々は「大切なこと」を忘れがちです。それは何か?3月の「別れ」です。3月は卒業シーズン。そこでは、様々な別れがあります。それを乗り越えて、4月の出会いがあるわけです。もちろん、これは「象徴的な意味」です。通常、「...

  • 「嫉妬はしない」と心に決めれば、今よりずっと状況がよくなる話

    付き合い方 - 2016/03/07

    こんにちは。上村です。あなたは、「嫉妬」することがあるでしょうか?それは、誰にでもある感情でしょう。でも、嫉妬は、相手との関係をおかしくしてしまうものです。恋愛で考えてみましょう。好きな人が、他の異性と親しくしていたら、いい気持ちはしないでしょう。「自分とどっちが好きなんだ」と思ってしまう。しかし、相手には相手の人間関係があります。別に恋愛感情ではなく、他の異性と親しげに話すこともあるでしょう。嫉...

  • なくした靴下が、大切なことを教えてくれた話

    生き方 - 2016/03/05

    こんにちは。上村です。以前のことです。僕は、家で洗濯物を干していました。その時、「おかしなこと」に気付いたのです。「一足の靴下の片方がない」のです。(洗濯機の中に忘れたのかな)と思い確認しましたが、ありません。洗濯物を運ぶ最中に落としたわけでもない。いくら探しても、見つからないのです。もちろん、靴下の片方だけ捨てるようなことはしません。では、どうしてないのか?泥棒が入って、片方の靴下だけ盗んでいっ...

  • 追いかけるから波長が合うわけではなく、自分の心が調和しているから、波長がわかる話

    付き合い方 - 2016/03/03

    こんにちは。上村です。「好きな人が何をしているか知りたい」と思うのは、当然の気持ちでしょう。でも、それにも限度があります。いくら好きな人でも、その行動をいちいちチェックするのは、言うまでもなく行き過ぎですね。それぞれに自分の置かれた環境があります。「相手の行動をすべてを知ろう」なんて、土台無理な話なのです。自分だって、自分の行動をいちいちチェックされたら嫌ですね。その「嫌なこと」を、好きな人にする...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク