読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2016年12月のエントリー一覧

  • 愛情とは、追いかけることではなくて、思いやりを発揮すること、という話

    愛の話 - 2016/12/22

    こんにちは。上村です。世の中には、「信じられない出来事」があるものですね。かなり前ですが、こんなニュースがありました。ある国で起こった事件。その国が発行した硬貨の「国名」に、スペルミスがあったのです。「国名」の文字が、間違えていたのですね。数千枚製造され、実際に流通したらしい。ミスというのはどこにでもありますが、このミスは派手。まさか「硬貨の中の国名」がスペルミスしているなど、誰も思わないでしょう...

  • 真実の「読心術」を身につける方法

    こんにちは。上村です。突然ですが、あなたは、学生時代にこんなご経験はないでしょうか。授業中に、教室が騒がしい。多くのクラスメートが、私語をしています。すると、急に教師が黙り込むのです。(どうしたのだろう)と生徒は思う。だんだん、騒ぎが収まっていきます。しばらくすると、シーンとします。それを見計らって、また教師は授業を再開する。生徒を静かにさせる苦肉の策ですね。注意しても静かにならないので、こういう...

  • 「他人はこうするべきだ症候群」を捨てれば、本当の希望が手に入る話

    生き方 - 2016/12/10

    こんにちは。上村です。突然ですが、こんな「童話(寓話)」を考えてみました。題して、『歌好きな鳥が、歌おうとしなかった話』ある時、「動物の紅白歌合戦」がありました。いろいろな動物が出場し、歌を競い合う。そこに出場した、一羽の鳥。鳥は、「最後に歌いたい」と思った。まあ、紅白でも、最後に歌うのは特別感がありますからね。その鳥は、「大御所希望の鳥」だったのです。「僕は鳥なので、トリ(最後)で歌いたい」「そ...

  • 相手の細かい態度に一喜一憂してはいけないよ

    付き合い方 - 2016/12/05

    こんにちは。上村です。恋というのは、人間を「過敏」にしますね。普通なら何とも思わないことでも、好きな異性がしたら、妙に気になります。「あの態度は何を意味しているのだろう?」「あの言葉の真意は?」といろいろ考える。でも、結論は出ません。もしそんなことにいちいち結論を求めたら、常に相手の態度によって、自分の機嫌が決まってくることになります。好きな人に親切にされたら、天にも昇る気持ちになる。冷たくされた...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク