読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

2017年03月のエントリー一覧

  • 誰かが見ている愛される話

    愛の話 - 2017/03/27

    こんにちは。上村です。「自分は誰からも注目されない」と嘆いている人がいるかもしれません。誰も気にかけてくれないし、いつも軽く扱われる。「無視されているみたい」と、悲しい気持ちになる。しかしです。「無視されている」というのは、思い込みです。どこかで誰かが、あなたのことを見ているはず。「どこかで誰かが見ている」と言っても、ヘンな意味ではありませんよ。また、あなたのあら探しをしているわけでもないのです。...

  • 「月曜日」が楽しくなる話

    生き方 - 2017/03/19

    こんにちは。上村です。『ブラックマンデー』という言葉があります。あなたは、お聞きになられたことがあるでしょうか?「暗黒の月曜日」という意味ですね。「確かに、月曜日は出勤したくない」いえいえ、そんな意味ではないのです。「株価が大暴落した日」のことですね。1987年に、ニューヨーク株式市場で起こった、株価の大暴落。それが月曜日だったので、こう呼ばれています。「世界的株安」の引き金になりました。休み明け気分...

  • 矛盾は、嫌なことではなく、あなたを成長させようとしていること

    生き方 - 2017/03/15

    こんにちは。上村です。「職場の上司が気分屋で困る」という方はいないでしょうか。そんなことで悩んでいる方も、きっといるでしょう。「言うことがコロコロ変わるので、やってられない」みたいな。お気持ちはよくわかります。もちろん、社会人だけではありません。学生さんにもあるでしょう。突然、不機嫌になる先生とか。僕の学生時代にも、こんな先生がいました。普段は穏やかなのに、何かの弾みで急に不機嫌になる。あろうこと...

  • 電話の向こうで「わしや」と言われた僕は、どうして名前を聞き返すことができなかったのか?

    こんにちは。上村です。僕が、初めて職場に勤め始めた頃の、昔のお話です。新人ですから、あまり仕事がなかったのです。先輩から、「電話番でもして」と言われました。電話番なら、何とかできそうです。誰かに取り次ぐだけなので。わからないことを聞かれても、「担当に替わります」と言えばいい。比較的気楽な気分でやっていたのですね。で、ある電話がかかってきました。いきなり電話口で、「わしや、○○おるか?」と聞かれたので...

  • 過去に受けた仕打ちの「見返し」は、恨むことではなく、あなたが明るく生きること

    生き方 - 2017/03/10

    こんにちは。上村です。今回のブログは、個人的な「感動巨編」です。題して、『あの日、僕は歌えるようになった』です。巨編と言いながら、特にたいした話ではありません。書く前から、「たいした話ではない」と言ったら読む気が失せますね。(笑)まあ、でも読んでみてください。共感していただけると思います。僕が若い頃、職場の先輩から、カラオケに誘われました。しかし、僕には「カラオケ恐怖症」という症状?があった。歌が...

  • 苦しい時間を愛される時間に変えていく、たった一つの心掛け

    未分類 - 2017/03/09

    こんにちは。上村です。あなたは、「走ること」が得意でしょうか?僕は、かなり苦手です。学生時代、体育の授業で、「15分完走」というのがありました。「グラウンドを15分間走り続ける」というもの。競争ではないので、気持ちは楽ですが、でも、僕は持久走が苦手。走るのが得意な人なら、何でもない時間でしょう。でも、僕にとっては極めて長い時間です。いつまで経っても、終了の笛が鳴らない。「絶対、15分過ぎているのに...

  • 「恥ずかしい」のは、自分だけではなく、他人もそうという話

    付き合い方 - 2017/03/07

    こんにちは。上村です。突然ですが、あなたは「恥ずかしがり」な部分があるでしょうか?きっと誰でも、そのような部分はあるかもしれません。僕はといえば、かなりの恥ずかしがり屋。特に若い頃はそうでした。僕が高校の頃、「中学校時代の同窓会」があったのです。久しぶりに、中学の友達が集まることになりました。学校自体はそこまで好きではなかったのですが、クラスには友達がたくさんいました。人生で一番友達がいた時代です...

  • 「愛想依存症」を克服すれば、愛が見えてくる話

    付き合い方 - 2017/03/06

    こんにちは。上村です。『恋が生まれるにはほんの少しの希望があれば十分です』というのは、恋愛論を書いたスタンダールの言葉です。確かに、そうかもしれませんね。恋をすると、ささいなことであっても、そこに希望を持とうとします。「笑顔で振り向いてくれた」「今日は愛想がいい」「態度から好意を感じる」みたいな。もう少し思い込みが激しくなると、「仕事が終わって、お疲れ様と言ってくれたから、相手は自分を愛している」...

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク