読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

トーク術の基本


突然ですが、

こんな方はおられないでしょうか?


職場の同僚でも、あるいは友達同士でも、

どこかに飲みに行ったとしましょう。


「飲みの席」は、本来楽しいはず。



ところが、話は盛り上がっているのに、

自分だけなぜか浮いている・・・・・。




自分は話題から取り残されて、

存在すら忘れられているような感じ。



ひどく傷つきますよね。



(どうしてなんだろう?)

と思います。


ホント、その気持ち痛いほどよくわかります。



誰だって、自分の話を聞いてもらいたい。

話題の中心でいたいはず。


僕だってそうですし、

あなただってきっとそうだと思うのです。


それはものすごく正しい感情。


でも理想と現実は、

結構ギャップがあるんじゃないでしょうか?



職場や学校で、昼ごはんを食べている時、

なぜか周りから孤立してしまい、

ツライ思いをすることが多い人。


片思いで、しゃべればしゃべるほど、

彼女(彼氏)にそっぽを向かれてしまう人。


何でこんなことになるのでしょうか?



そのような方や、あるいはそのような傾向のある方に、僕は断言します。


「必ずあなたは、周りから注目される人間になれる」

「必ずあなたは、どんな人でも虜にできる会話術を身につけることができる」


と。



だから安心していただきたいなあ、と思います。



そして、すべての人を虜にするためには、

「あるテクニック」が必要なんですね。



もちろん、一般的に言われている、

「無理にでも明るい人になれ」なんてことではないのですよ。



もしろ、自分を偽ることなく、


ネクラの人はネクラのままで。

ネアカの人はネアカのままで。

普通の人は普通のままで。


自分の性格そのままで大いに結構。



その性格のまま、


ちょっとした心がけで、

明日から、あなたを見る周りの目が格段に違ってくる、


そんな秘術をご紹介しましょう。



と言っても、何も特別な能力が要求されるわけではありません。



毎日あなたは、誰かと会話していますよね。


どんな無口な方でも、日常で何かはしゃべっているはず。


話の内容は、仕事や勉強の話から、些細なことまで多種多様でしょう。


一生懸命しゃべった事柄もあれば、一言だけの言葉もあります。



しゃべるというのは、だいたいにおいて、相手に対して何かを伝えたいから。

だから人間はしゃべるわけですね。


伝えたいこととは、もちろん話の内容です。



でも、それだけで終わっていては、

魅力的な話にはならないんですね。


どんなに洗練された知的な内容をしゃべっても、

相手はちょっと興味を抱く程度です。



話の内容だけでなく、


話を通じて、

「あなた自身」を相手に伝えることが大切なんですね。



「会話する」上で大切なことは、話の内容を伝えることではなく、

あなた自身を伝えること!


こう言い切れます。



もうちょっとわかりやすく言うと、


ちょっと下品になりますが、

よくセクハラ発言が問題になる場合がありますよね。


上司のセクハラ。

教師のセクハラ。

○○のセクハラ。


でも同じ内容のことを言っているのに、


ある人はセクハラになり、

ある人は、おとがめなく受け入れられています。



これって何でしょうか?



例えば、得体の知れない人が、キワドイ発言をすれば、セクハラになります。


でも、人柄が、周りに受け入れられている人なら、事情は違ってきます。


発言内容が同じでも、

受け取る側はもっと肯定的に感じるのです。


かえって人気が出たりするかもしれません。



大切なことは、話の内容とともに、

自分自身をいかにアピールできるか。


これができる人とそうでない人では、まさに雲泥の差。



そして、あなた自身をアピールすることは、

決して難しいことではありません。


というか簡単。(笑)

誰にでもできることなんですよ。



試みに、明日から、

次のことをやってみていただけたら嬉しいです。



何かの機会に「ありがとう」と言うことがあったら、

「心を込めて」ありがとうって言ってみるのですね。


「心を込めて」がキーワード。


「心を込めて」言ったなら、

「ありがとう」という言葉のイントネーションすらも違ってくるはずです。



それだけで、普通に「ありがとう」って言うより、

100倍も相手の心に響くのですね。


相手の心に直球を投げ込む。


その「直球」とは、あなたが発する「思い」のことなんです。


それだけで、話の重みも増します。


僕が見る限り、本当に話から「思い」の伝わってくる人は、ごくわずか。



「思い」のある言葉と、ない言葉とでは、同じ言葉でも、

相手に与える印象は、まるっきり違ってくるのです。



何も特別な事をしなくてもいいんですね。


しゃべることを、普通にしゃべるのではなく、そこに「思いを込める」こと。



その「思い」は必ず相手の心に、

「自分は特別に話されてるんだ」って気を起こします。


そしてあなたを「特別な存在」と思うようになるのですね。



僕は、かつて、「大学受験予備校」という、

教育関係の職場で働いていました。


職業柄、生徒の前で話す機会が多かったのです。



大勢の前でしゃべる時、


単純に連絡事項を淡々と伝えていたのでは、

いくら流暢に話しても、生徒さんは知らんプリ。



ところが、たとえ大勢の前であっても、


一人一人に話しかけるようにして、

「心を込めて」話をすれば、格段に生徒の反応は違うのです。


どんなに些細な話であっても、です。



その差は本当に大きいです。


同じ話の内容なのに、どうして?って思います。



かつて総理大臣だった小泉さんなんかも、これをわきまえていた人ですね。


「ワン・フレーズ・ポリティック」なんて言われました。


話の内容だけなら、素晴らしいことを話している人はいっぱいいます。


でも小泉氏が際立ったのは、話に「思い」がこもっていたから。



「人を魅了する」という話し方の観点で、

見習う点はいくつもあると思います。



さあ、みなさんも、

明日から、「心を込めて」話をしてくださいね。



相手が、上司であろうと、先生であろうと、友達であろうと、夫や妻であろうと、

誰でもいいのです。


飼っている犬にでも構いません。(笑)


いや冗談ではないんですね。


犬でさえ、心ある話に反応するもんなんですよ。



それがトーク術の基本中の基本。



まず、その基本を心がければ、

あなたが輝く存在になることは、たやすいのですよ。



みなさんが輝ける存在であり続けるために、

このブログも精一杯書いていきますね。




今日のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どんな内容でも、普通にしゃべるのでなく、心を込めてしゃべろう! 

それだけで相手はあなたに魅かれていきます。

「心を込める」。たったそれだけのことで、周囲の目が変わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





メールマガジン


1万人を虜にする魅惑のトーク術 では、


さらに濃密な「恋愛人間関係ノウハウ」「トーク術ノウハウ」を配信しています。



購読は無料。ぜひお読みくださいね。

1万人を虜にする魅惑のトーク術




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク