読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

相手を思っているのに、相手が離れていくのは、「本当の愛」に気付くための試練

こんにちは。上村です。


前回のブログで、「個性とは何ぞや?」という話をしました。


「個性とは、調和の中で発揮される」

ということでしたね。


「個性的」というと、何か「特殊なことをしなければならない」と思う人がいます。


でも、そうではないのです。


その特殊なことが、単に自分に注目を集めたいだけなら、あまり意味がありません。


特殊なことでも、普通のことでも、どちらでもいいのです。


それが誰かのためになればいい。


他人のために何かをする時、その人の個性が最も発揮されるのです。


そう考えると、興味深いことがわかりますね。


我々は、個性を考える時、「自分へのこだわり」として考えてしまうことがあります。


そのこだわりが、「いい意味でのこだわり」なら、いいのです。


でも、「自己中心的なこだわり」はよくありません。


自分の利益ばかり考えているようなこだわりは、いいこだわりではありません。


損得に振り回されているようなこだわりも、よくありません。


本当の自分を見失ってしまいます。


そう考えれば、例えば恋愛等で悩んでいる人も、本人は相手のことを考えているつもりでも、実は「自分の損得」にこだわっている場合も多いのです。


本当に純粋な思いやりがあるなら、そこまで悩むはずがないからです。


自己中心的なこだわりから逃れたところに、「本当の個性」があるに違いないのです。


その時、心が自由になって、自然な気持ちになり、どんどん「本当の個性」が発揮されていきます。


小さな自分を捨て、「大きな自分」を得るということでもあります。


それが「本当の自分」です。


「個性を持とう」と力まなくていいのですよ。


むしろ、そんなことで力むから、本当の自分を見失ってしまうのです。


周囲とのかかわりあいの中で、それは自然に発揮されていくものです。


「個性的なもの」と「個性じみたもの」は違います。


あなたが思っている「個性的な人」も、実は「個性じみているだけ」かもしれません。


例えば、こういうのは、会話にも言えることです。


会話は、相手があって成立します。


「個性的な会話」というと、何やら面白いことを言わなければならないと考える人がいます。


しかし、その会話が「面白いもの(いい意味で)」になるのは、それが「自然な会話」であった時です。


自分一人で、漫談のごとくしゃべりまくっても、相手にとっていい会話というわけではありません。


会話は、相手の存在があって初めて成立するのですから。


「真の意味での個性的な会話」ができる人は、相手の存在をしっかり認めています。


考え方がユニークとか、奇抜な人だとか、そういうことは別に関係がないのです。


視野を広げ、自分自身を、周囲のために生かそうとすること。


それがまさに、本当の意味の「個性発揮術」なのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
他人のために何かをする時、その人の「個性」が最も発揮されます。

本当の意味の「個性」とは、そういうことです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



僕が書いた、最強会話術のE-Bookです。

あなたが会話で圧倒的な成果を出し、「恋愛や人間関係そして人生まで変えてしまう」魔法。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク