読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

恥ずかしさを「思いやり」に変えて、人間関係をよくしていく話


こんにちは。上村です。


僕は昔から、人見知りをするタイプでした。


「恥ずかしい」という思いが強いのです。


昔は、道で、知人を見かけても、声をかけることができなかった。

声をかけるどころか、物陰に隠れました。(笑)


決してその人が嫌いなのではありません。

人見知りで、顔を合わせることを避けたのです。


知っている人でさえそうなのですから、初対面だとなおさらです。


相手の顔を見ることができなかった。
会話もできなかったのです。


しかし、いつまでもそういうわけにもいきません。
働き始めて、「誰ともしゃべらない」というわけにはいかない。


そんな時、ふと思ったことがあったのです。


恥ずかしいのは、「自分の気持ち」ですね。


でも、よく考えてみると、相手だってそうなのではないか。


初対面の人に、旧知の間柄のように話せる人はいないでしょう。


たとえ知っている相手でも、
道で出会ったら、それなりにドギマギするはず。


「自分も恥ずかしいけど、相手の立場に立てば、相手だって恥ずかしいんだ」

そう考えれば、視野が広がります。


自分のことでいっぱいだと、「恥ずかしい」とか、いろんなことを考えてしまいます。


でも、恥ずかしいのは自分だけじゃない。
相手だってそうなのです。


それがわかると、余裕が出てくるし、相手への思いやりを持つこともできます。


人見知りというのは、よく考えてみれば、それだけ「相手を気遣う気持ち」もあるということです。


それは元来プラスのことなのですから、もっとプラスに発揮していくべきなのです。


ここでおわかりいただけたと思います。


例えば、人間関係や恋愛で、相手のことがわからなくなるのは、なぜでしょうか?


相手のことを考えているようで、実は考えていない場合があります。


自分がどう思われるかを気にしているだけなのに、
相手のことを考えているように錯覚してしまっているのです。


こうなると、うまくいかないのは当然です。


相手を知るのは、「趣味」とか「仕事」とか、初めはそういうところから始まりますね。


それはハッキリしているものなので、わかりやすい。


でも、「性格」になると、見えないので、わからなくなることもあるでしょう。


わからないのは、相手がわかりにくい人だからではありません。


相手のことを知ろうとすることより、「自分のことをどう思っているのだろう」と思うことで、相手がわからなくなるのです。


人間関係全般でもそうですね。


「どう思われるか」を考えているだけでは、うまくいかない。


そんなことよりも、「相手を理解すること」が大切です。


念のために言うと、相手を理解するといっても、すべてを理解することなどできません。


相手が考えていることが手に取るようにわかる人など、いるわけがありません。(言うまでもないことです)


価値観の違いもあるし、どうしても理解できないこともあるでしょう。


それはそれとして認め、理解できる部分を理解していくことです。


「理解してあげよう、わかってあげよう」とする思いが大切なのですから。



プレミアムメールマガジンでも、このことについて書いています。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「自分がどう思われるか」ではありません。

「自分が相手をどう理解するか」が大切です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク