読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

口説き文句ばかり考えている人は、やがて誰からも相手にされなくなっていく話

こんにちは。上村です。


前回のブログで、「背中は語る」という話をしましたね。


もちろん、文字通り、背中が言葉を発するということではありません。


これは象徴的な意味です。

「心の姿勢」の意味。


同じことを話しても、言葉の印象が違う場合があります。


「心からの言葉」か「単なる発音」かで、違ってくるのです。


心からの言葉は、「全身」から出ているものです。


これは勢いがあるとか、大声で話すとか、大げさな身振りをするとか、
そういう意味ではありません。


「人柄そのもの」という感じです。


表面的なものではなく、「内面的なもの」です。

見える部分ではなく、「見えない部分」です。

口先ではなく、「真心」です。


口先で人を長くごまかすことなど、できないものです。


たとえ一時的にごまかせても、長期的には無理です。


必ずボロが出ます。


良識ある人は、必ずその言葉の真偽を見抜いていくでしょう。


その場で評価されたいと思って、適当なことを言ってしまうと、言葉は口先になります。


でも、誠実な心をそのまま言葉にすれば、きっといい言葉になるはずです。


誠実な心こそ、「本当の自分」だと考えます。


ところが、日常でいろいろあって、どうしても自分をごまかしてしまうこともあります。


心にもない言葉や態度をして、後で後悔することもあるかもしれません。


しかしそこが踏ん張りどころです。


「本当の自分」は、もっと大きなものです。

肝心な時こそ、「本当の自分」を強く意識すべきです。


そうすれば、いろいろなことを乗り越えていけるでしょう。


姑息なことをしても、根本解決にはなりません。


むしろ、ますますややこしいことになっていくかもしれない。


過去の出来事を思い出してみてください。


一時しのぎの姑息なことをして、かえって困ったことになった経験はないでしょうか。


わからないことを、わからないと言えず、困ったことになったことはないでしょうか。

断るべきことを断れず、困ったことになったことはないでしょうか。

見栄を張って、困ったことになったことはないでしょうか。

適当なことを言って、困ったことになったことはないでしょうか。


それはつまり、「一時的なこと」にこだわってしまったから、そうなったのです。


表面的な自分にこだわったからです。


もっと、「見えない部分」を大切にすべきなのです。


心は見えません。


でも確実に、自分自身を形作っていきます。


つまりそれは「本質」だからです。


口説き文句ばかり考えている人は、やがて誰からも相手にされなくなっていきます。


なぜなら、そこには本当の心が備わっていないからです。


行動を見ていれば、それがわかってきます。


何事も、「本質」を大切にしていくべきなのです。


それがあらゆる悩みや困ったことを、打ち砕いていくでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
口先ではなく、心です。

心からの言葉とは、そういうことです。

一時しのぎではなく、「長期的なもの」を大切にしていくことです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



僕が書いた、「真理的会話術」のE-Bookです。

あなたが会話で圧倒的な成果を出し、「恋愛や人間関係そして人生まで変えてしまう」魔法。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク