読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

他人を変えようとしないで幸せになる話


こんにちは。上村です。 



突然ですが、職場というのは「不思議な集団」かもしれません。



生まれも育ちも違う人が、「あの会社で働きたい」という一つの思いが重なっただけで、いっしょになったわけですから。



家族より長い時間、そんな人たちと過ごしている。


これを不思議と言わずして、何と言うのでしょうか。(笑)


たったそれだけのことで集まった集団です。


各自の考え方がバラバラなのは仕方がありません。


職場では、性格が会わない人でも、仕事で絡めば、いっしょに働かないといけない。



イヤミばかり言う同僚でも、無視できないこともあるでしょう。


いろいろな悩みが生じてきます。


大切なのは、多種多様な人が、組織というところに集まっている事実ですね。


一人一人考え方に差があるわけですから、思い通りにならないこともあります。



あって当然です。



「誰も言うことを聞いてくれない」と不満が生じることもあるでしょう。



元々考え方のバラバラな人が集まってできた組織。


そこで、妙に人間関係に気を遣います。


「上司を怒らしてはいけない」

「後輩から馬鹿にされてはいけない」

「同僚から軽く見られてはいけない」


などなど、余計なことに神経を使う。



それが「頑張り過ぎ」なのです。



「頑張り」というのは、正しいことに使うべきです。



余計な気を遣っても、自分が疲れるだけで、誰かが幸せになるわけでもないのです。



同僚や上司がどんな人だろうといいではありませんか。


相手を変えようと思う必要はありません。


そう考えれば、肩の力が抜けます。



正しいことに、自分の力を向けることができるのです。



かえって、言うべきことが言えるようになるかもしれない。



自分の意思が受け入れられることも多くなるかもしれません。



今のは職場の例ですが、大きく言って「人生」もそうです。



人生では、自分の思い通りになることもあるでしょうし、思い通りにならないこともあります。


個人の力量を越えたものがあるのです。



そこで、自分ができることを精一杯するのです。



シンデレラストーリーのようなことを考えるのではなく、今できることをすればいいのです。



人生はその積み重ねです。



本当の願望とは、空想ではありません。



今できることをしていく中で、自然に湧いてきた願望こそ本当です。



それはきっと、実現可能です。



人を嫉妬したりするのも馬鹿げています。



人それぞれ、自分の人生があります。



それは個性的なものなのです。



自分の人生は自分の人生です。



他人がどうかは関係ありません。



そういう割り切りが、あなたに心の安定をもたらします。



人間は、えてしてできることをなしがしろにして、「できないこと」を無理に何とかしようとします。



それは逆なのです。



できることはたくさんあります。



素直にそれをするのですね。



そう考えると、「相手の性格を変えよう」と思っても無理ですよね。



それはできないことです。



同僚のイヤミな性格は変わらないでしょうし、上司の怒りっぽさも変わらないでしょう。



でも、自分が明るく生きていくことはできます。前向きになることはできます。



そうすれば、あなたを取り巻く雰囲気も、きっとそれに影響されていくに違いありません。



雰囲気というのは伝染しますから、あなたの雰囲気は、周りにも伝染していくでしょう。



もし、相手を変える(いい方向に)ことができるとすれば、その時なのです。




今回のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたができる「いいこと」をしていこう。


他人を変えようとする必要はありません。


自分ができることを精一杯することです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク