読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

好かれても、好かれなくても、どちらでもいいと思ったら、好かれる話

こんにちは。上村です。


一見正しいようなことでも、実は正しくないことってありますよね。


「彼は倹約家だからお金がある」

という文章があるとします。


これは正しいようですが、実はそうでもない。


「倹約家だからお金がある」わけではありません。


「お金があるから倹約家になった」のです。


倹約とは、「無駄遣いをしないこと」ですね。


つまり、お金があることが前提です。


たくさんではないとしても、お金自体はあるのです。


もし、一円もなくなったとしましょう。


もはや守るべきものはありません。


倹約ということにはならないのです。


ところで、こういう理屈は、恋愛や人間関係にも言えることです。


「好きな人に愛されない」と悩む人がいます。


一見、「愛がないから悩んでいる」と思いますよね。


でもそうとは限りません。


「相手の愛情を感じているから」こそ不安になるのです。


相手からの愛情がまったくないなら、不安になりようがありません。


事実をそのまま受け入れるだけですね。


そこには「マイナス思考」の働きようがないのです。


そうなんですね。


マイナス思考になるのは、「守るもの」を気にしすぎた時です


守るものがなくなれば、もはやマイナス思考なんて起こしたくても起きない。


つまり、こういうことですね。


「可能性」を感じているからこそ、不安になるのです。


ところが、ここに皮肉があります。


愛されないことを恐れたら、愛されない状況が訪れやすくなったりする。


恋愛に多いですね。


「浮気が心配で相手にまとわりつく」みたいになったら、それは恐怖心のなせることです。


フラれることにビクビクしている人は、たくさんいます。


どうしたら、そんなネガティブな状況から脱却できるのでしょうか?


小さな愛から抜け出して、「大きな愛」を意識することです。


小さな愛とは、愛を失うことにビクビクしている状態です。

自己執着なのです。


一方、大きな愛とは、もっと自由なものです。

自分を開放していきます。


自己開放すれば、自分の周りにある「素朴な愛情」を意識していけるのです。


この状態になった時、マイナス状況は一掃されていきます。


言うまでもないことですが、これは「浮気」のような意味ではありませんよ。


「恋多き」と「愛情深い」は、何の関係もありません。


浮気は、極めて個人的な感情に振り回されて、冷静さを欠いた行為です。


「自己執着の最たるもの」です。


大きな愛とは、「素朴な思いやり」「素朴な愛情」のことです。


相手の立場になって考えることです。


相手が自分のことをどう思っているとか、そんなことは気にしなくていいのです。


「自分はどうか」が大切です。


すべて自分から始まります。


自分が発揮し、自分が意識します。


それが大きな愛ですね。


大きな愛を意識すれば、もっと気楽になれるはずです。


小さな愛は、ちょっとしたことで舞い上がって、ちょっとしたことで落ち込みます。


でも、大きな愛は、もっと落ち着いた自信あるものです。


「好かれても、好かれなくても、どちらでもいい」と思ったら、かえって他人の愛情を実感できたりすることがあります。


なぜでしょうか?


自分を縛り付ける気持ちがなくなるので、かえって愛情を素直に感じることができるからですね。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大きな愛は、いつでもどこでも、たくさんあります。

それを意識すること。

大きな愛は、もっと落ち着いたものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回のブロマガでは、さらに深く、「大きな自分を発揮し愛し愛される方法」について書いています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク