読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

無視されることは、あなたが思っているほど、たいしたことではない話


こんにちは。上村です。


「無視されるは嫌だ」

という人がいます。


もちろん誰でもそうですが、でも、程度があると思うのです。


注目されることもあれば、
無視されることもあって当然ではないでしょうか。



例えば、こんなことを考えてみてください。


朝、出勤するため駅に向かいます。


すると駅の前で、さかんに演説をしている人がいる。


「選挙の立候補者」です。


「皆さん、今は激動の時代です。変化に乗り遅れる政治ではダメ」

と演説している。


「それより、今の自分は電車に間に合うかどうかが重大問題だ」

と思います。(笑)


朝の忙しい時に、立ち止まって聞く人はいないもの。


演説を聞いて会社に遅れた人が、上司に、

「政治に関心を持つのは国民の責務ですから」と言ったら、

「君はエライ」と言われるだろうか。


きっと言われないでしょう。(笑)


みんな足早に、候補者の前を行き過ぎます。

候補者は、誰も聞いていなくても、関係なくしゃべっている。


彼らは無視されているのです。

傷つかないのでしょうか?


「傷つきます」なんて言っているようでは、選挙演説などできないでしょう。


無視されることがあって当然。

その方が多いのです。


無視されようがどうしようが、大勢に語りかけるのが、彼らの仕事です。


ここでは、「無視された→辛い」という図式は、成立しないのです。

ぜいぜい、「無視された→残念」くらいですね。


「無視された→感動」なんて人もいるかもしれない。

それはそれでアブノーマルですが。(笑)



いずれにしても、「無視された事実」が辛いわけではないのです。


「無視されるのはいけないこと」

と思っているから辛くなるのです。


事実が感情を引き起こしたというよりも、
「思い込み」が感情を引き起こしたといっていい。


あなたが、「こんなことはあってはならない」と思っていることも、
決してそんなことはないかもしれません。



「すべての人に理解されるべきだ」と考えていたら、それは思い込みです。


なぜなら、大切なのは、すべての人に理解されることではなく、
あなたが人を理解してあげようとすることだからです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「すべての人に理解されるべきだ」と考えていたら、それは思い込み。

大切なのは、あなたが誰かを理解してあげようとすることだからです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


何をしても愛されないと悩んでいるなら、解決方法があります。

それは、「プレミアムメールマガジン」に書いていることを実行することです。

たった一回でもこれを読めば、あなたの日常が大きく変わっていくでしょう。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク