読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

どうすれば、愛情が伝わるだろうか?


こんにちは。上村です。



「共感」というのは、大切ですね。



友情も恋愛も人間関係も、相手に共感するからこそ始まります。



共感とは、相手の心情を思いやることです。



相手の感情や考え方に共鳴することです。



相手が困っていたら、手助けするとか、励ますとか、勇気づけるとか、そういうことです。



ところが、恋愛でよくあるかもしれませんが、相手と「一心同体」を求めてしまうことがあります。



相手の自由意思まで奪おうとしてしまうのです。



「自分がこう考えているのだから、あなたもこう考えるべき」


みたいなことですね。



これは、もちろん共感とは違います。



あるいは、「あなたの責任を、私がすべて抱えてあげよう」みたいな。



これも共感とは違います。



本当の共感とは、相手の意思を奪うことではありません。



意思を尊重し、その上で、相手も自分も共に責任を果たしていくよう、協力し合うことです。



例えば、職場の例で考えてみましょう。



「部下想い」の上司がいたとします。


「部下に苦労はかけたくない」と思って、すべての仕事を一人で背負い込む。


しかしそれで部下は、本当に満足するでしょうか?


もちろん、助けてくれるのは有難いのです。



でも、仕事を奪われるのは、有難くないのです。



この上司は、部下の自由意志を奪っています。



自分で何もかもやってしまう上司の下では、部下もやりがいがないでしょう。



部下に回ってくるのは、上司のおこぼれのような仕事ばかりになります。



これでは、部下を想っているようで、実際は部下のことを考えていないのです。



また逆に、仕事をすべて押し付けるような上司もいます。



これもまた、部下のことを考えていません。



仕事をより知っている者が、率先して仕事の模範を示し、知らない人を助けるのは当然だからです。



話を戻して、愛情について考えてみましょう。



「相手が困っていたら助けたい」と思うのは愛情ですね。



手助けしたり、励ましたり、助言したり、いろいろできます。



でも最終的に、それを乗り越えるのは、その人自身です。



あなた自身の課題は、多くの人に助けてもらいながらも、あなたが乗り越えていくのと同じことです。



相手の人生の肩代わりまではできないのです。



恋愛感情の場合になると、「相手のために尽くしたい」と思うようになるかもしれません。


これ自体はいいのです。


ところが、せっかくのその思いが歪んでしまう人がいます。



「尽くさなければ、相手の愛情をつなぎとめておくことができない」と思ってしまう。



これは、相手のことを考えているというより、関係は壊れることを恐れているのです。



そうなると、相手を冷静に見ることができなくなってしまう。


相手のためになるかどうかは、広い見地から見ないといけないのですね。



自分だけの狭い世界から抜け出すことです。



「愛情」には、冷静さも必要です。



愛情は、求めるものではなく、共有し合うものです。



冷静さが伴って、初めて愛情は、相手を動かすものになるでしょう。




今回のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

愛情には、冷静さも必要です。


愛情は、求めるものではなく、「共有し合うもの」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク