読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

今すぐ「容貌」を高める方法


こんにちは。上村です。



「自分は容貌に自信がないので、素敵な異性と付き合えない」


などと言う人がいます。



確かに、イケメンや美人なら、人目を引くことも多いでしょう。



でも、イケメン(美人)というのを、単なる見た目と思ってはいけない。



容貌という意味より、もっと広いものなのです。



そこで、こんな例を考えてみてくださいね。


マスコミをにぎわすような、「芸能の話題」がありますね。


「女優の○○が、年商××億円の実業家と結婚」


なんて記事。


何となくですが、女優は、セレブと結婚する率が高いような気がする。


どうしてそうなのでしょうか?


相手がお金持ちだからか?



もちろんそれだけではありませんが、でも、「金持ち」というのも、相手を気に入った要因の一つかもしれない。


ここで勘違いしないでいただきたいのですが、「金持ちは絶対にモテる」なんて言ってるのではないのです。



また、「お金がないからモテない」などと言っているのでもありません。



「特徴」という意味の、単なる例です。



例えば、「お相撲さん」を例に、考えてみましょう。


「力士の奥さんには美人が多い」というのはよく知られています。


では、力士の何に魅かれたのでしょうか?


おそらく、「強さ」ではないかと思います。


「強い男」に魅力を感じた女性がいたわけです。



腕力が強いという意味ではありませんよ。



「心の強さ」「意志の強さ」ですね。



厳しい相撲界でたくましく生きている人に、「意志の強さ」を感じるのかもしれない。


こんな例を出せば、いくらでもありますよ。



ある女性がいます。



この方は、ご自身でおっしゃっていたのですが、見た目という点で、それほどパッとしない印象です。


ところが、ご主人は、超ハンサム。


実はこの女性、ある特技があって、その趣味の分野で、なかなかの実力者だそうです。


そういう面に、ご主人が惹かれたみたいです。


つまり、「見た目」ということを広くとらえるべきなのです。


一つの「際立ったもの」が、イケメン(美人)と同じことになるのです。



でも、当然、こんな疑問を持つ方もいらっしゃるはず。



「自分には、そんな際立ったものはないよ」


って。


「特徴がない自分は、どうしたらいいの?」


と思う方もおられるでしょう。


でもご安心ください。



「際立ったもの」というのは、実はもっともっと広い意味なのです。



特技・特徴を越えた、もっと「内面的なもの」に、それを求めることができます。



では次回に、それを書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「容貌」とは、外面的なものだけではありません。


「内面的な容貌」があるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、

たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


1.追いかけるのをやめる

2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。


1万人を虜にする魅惑のトーク術(アメブロ版)-hideaki2




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク