読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

昭和初期に起きた「センセーショナルな事件」から、会話の本質を学ぶ

こんにちは。上村です。


その昔、『カフェー丸玉事件』というのがありました。


これは、法律の教科書にも載っている有名な事件ですね。


時代は、昭和8年。


大阪の道頓堀に、「カフェー丸玉」という店があった。


ちなみに「カフェー」というのは、コーヒー屋さんではありません。


今で言うところの「キャバレー」ですね。


ホステスさんがいて、お酒を飲ましてくれるところです。


そこに素敵なホステスさんがいたのです。


彼女に好意を抱いた、一人の男性客がいました。



男性   「オレと付き合ってくれないか」
ホステス  「どうしようかなあ」

男性   「オレと付き合ってくれたら、独立資金をあげるよ」
ホステス  「本当?」

男性   「ああ、400円を援助しよう」


と約束したのです。



「400円? それじゃ、ラーメン食べて終わりじゃないか」

と思うなかれ。


当時と今とでは、貨幣価値が違いますね。


当時の400円は、今では「300万円」くらいでしょうか。


いずれにしても多額のお金です。


ホステスさんは喜びました。


ところがです。


約束してしばらくしても、一向に履行されない。


ホステスさんは、自分が騙されたことに気付きます。


怒った彼女は、ついに「裁判」を起こしたのです。


「債務不履行」で訴えたのですね。


1審と2審は、ホステス側の勝訴。


「お金を払わないのはけしからん」と判断されたのです。


ところが、大審院(今の「最高裁」)は、原判決をしりぞけました。


一転、「男性側の勝訴」としたのです。


「支払い義務なし」という、180度違う結論になったわけです。


男性側はホッとしたでしょう。


身から出たサビとはいえ、調子に乗った一言で、大変な目に会ったわけです。


しかし、裁判に勝ったからまだいい。


それに比べて、ホステスさんは、裁判まで起こして、1審2審も勝ったのに、最後でどんでん返しをくらったのです。


その悔しさは半端ではなかったでしょう。


では、どうして最終的にこういう判決になったのでしょうか?


つまり、カフェー(キャバレー)という遊興の場所で、勢いで言った言葉だからですね。


「その言葉には信頼性がない」と判断されたのです。


バーで、「お客さん、ジョニー・ディップみたい」という言葉に信頼がおけないのと同じ。


でも、どうしてさっきのホステスさんは、信じ込んでしまったのでしょうか?


ここが重要ですね。


男性客は、確かに実現不可能な約束をしました。


しかし、少なくとも発言したその瞬間は、半分は本気だったのではないでしょうか。


いや、90%くらい本気だったかもしれない。


だから相手は信じたのですね。


ここで重要なことを書きたいと思います。


言葉の力とは、「言葉」と「心」と「行動」が一致した時に、最も発揮されるのですね。


さっきの男性は、言葉と心はある程度一致していたかもしれませんが、「行動」が一致していなかったのです。


だから結果的にダメだったわけですね。


会話というと、口先を鍛えようとします。


でも、それはあまり意味がありません。


心が備わって、初めて言葉が生きてきます。


でも、本当に心が備わるためには、「行為」が大切です。


例えば会社で、部下に「仕事をしろ」と急かす上司が、自分自身は何もしていなかったら、どう思われるでしょうか?


「行為」(もちろん善意の行為です)こそが、言葉の力を高めていくのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━
言葉と心と行動を一致させる。

それが、最高のトーク術です。
━━━━━━━━━━━━━━



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク