読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

本当の自己主張とは、「見えないところ」でちゃんとすること

こんにちは。上村です。


あなたは、「オシャレの究極の姿」をご存知でしょうか?


以前、
(へえ~、そうなんだ)と思ったことがあります。


ある人が、「オシャレ」について語っていました。


「本当にオシャレな人は、外から見えない部分に気を遣っている」

と。


例えば、「下着にオシャレする人」とかですね。


下着は、当然ながら、外からは見えません。


他人から見えない部分にこだわっても仕方がないと、
普通は思うかもしれません。


でも、その人によれば、
そこにこだわるのが「真のオシャレ」だそうです。


これは言ってみれば、「超理論」かもしれない。


見えない部分にまでオシャレすることで、
(自分は、本当にオシャレな人間なんだ)という自覚が生まれます。



他人から強制されて着飾っても、しっくりこない。


自分で自分をオシャレだと思えたら、その人は「真のオシャレ」です。


ところで、僕は別に、オシャレの話がしたいわけではありません。


僕が関心を持ったのは、「見えない部分の大切さ」ということです。


例えば、誰かと親しくなろうとして、自分をアピールします。


それはいいのですが、
自分をアピールする時、しつこくなりすぎる場合があります。


「自分は、こんなに魅力があるのだよ」と、
知らず知らずのうちに、押し付けがましくなっていることがあります。


でも、「アピールの本当の姿」は違います。


「自然に相手が、自分の魅力に気付いてくれる」


これが、真のアピールです。
アピールなきアピールです。


そのためには、どうしたらいいのでしょうか?


「自分だけがわかっている世界」に自信を持つことです。


人が見ているところで頑張れるのは、誰でもそうです。


でも、本当に大切なのは、見ていないところでどう振舞うかです。


人の目ばかり気にしていると、
「他人に気付かれないと、意味がない」と思いがちになります。


でも、それは間違いなのです。
その人の内面は、伝わっていくものなのです。


こんな例を考えてみてくださいね。


職場(学校)とかで、「秘密で付き合ってる男女」がいるとします。


本人たちはそのことを隠していますが、周囲はとっくに気付いている。


そんなことありませんか?


「付き合ってる」と一言も言ってないのに、なぜか周りは知っているのです。


一時的に隠すことは、できるでしょう。
でも、長期的には、無理な場合が多いです。


毎日、同じ空間で過ごしているからです。


二人の「非言語コミュニケーション」に、やがて周囲も気付いていくものです。


「気持ちの伝染」みたいなものですね。


いずれにしても、言いたいことはただ一つ。


他人に求めるのではなく、「自分に求めよう」ということです。


あなたが前向きなら、周囲に前向きな人が集まってきます。

あなたが優しいなら、周囲に優しい人が集まってきます。

あなたが平和主義者なら、周りに平和主義者が集まってきます。


あなたが周りにいてほしいと思うような人に、「あなた自身が」なっていくべきなのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたが周りにいてほしいと思うような人に、「あなた自身が」なっていくべきです。

それが、環境をよくする方法です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク