読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

唯一記憶に残っている、校長先生の話


こんにちは。上村です。



学生時代に、『朝礼』というのものがありましたね。



校長先生が、全校生の前で、「教訓話」をする。


いい話だと思うのですが、しかしそのほとんどは覚えていないのです。(笑)


「校長先生、何の話をしたっけ?」

「さあオレ、昼メシのことを考えていたから」


とか。



まあ、僕だけかもしれませんが、聞く気がないと記憶に残りませんね。


ところが、そんな僕にも、朝礼で「とても記憶に残っている話」があるのです。


これだけはよく覚えています。


小学校の時です。


ある日、校長先生はこんな話をした。


それは、あるお坊さんのお話。


明治時代に、『滴水禅師』(てきすいぜんじ)というお坊さんがいました。


彼は若い頃、手桶の底に残っていた水を、不用意に捨ててしまったのです。


それを目撃した彼の師匠は、怒った。


「その水を、ナスの根にやったら、ナスも生きる。水も生きる。お前のやったことも生きる。すべてを生かすことが仏法だ」


と彼に説いたのです。


彼は、その言葉にたいへんな感銘を受けた。


その後、名を「滴水」と改め、立派な僧になったのですね。


このお話は、とても僕の記憶に残っているのです。


師匠の言葉に感銘を受けた滴水禅師。

滴水禅師の話に感銘を受けた校長。

校長の話に感銘を受けた僕。


ということです。(笑)



僕は、その話を聞いてから、余った水があると、たとえ少量でも捨てる気にならない。


植木にあげたりするようになったのです。


今でもその習慣があります。


ずっと前の話ですが、ジュースを飲んでいて、余ってしまった。


捨てる気になれず、植木にやったのです。


しばらくして植木は枯れてしまった。(ジュースとの因果関係は不明)


まあ、こういうミスもたまにありますが(笑)、しかし滴水禅師の話は、いい話です。



「すべてを生かすこと」


まさにこれが大切ですね。


立場の問題ではありません。


すべての人にとって、この精神は大切だと思う。


こういう精神を持てば、モノの見方が変わってきますよ。


恋愛もそうですね。


好きになって、相手を追いかけ回す人がいます。


相手は、追いかけ回されることによって、自分を生かせなくなるのです。


そんな恋愛がうまくいくはずがありませんね。


「相手も自分も生かす」という視点から考えてみましょう。


そんな広い視野が、恋愛や人間関係を成就させるのです。



心に余裕を持てば、今よりはるかに愛されるようになります。



それは、相手を生かすことによって、自分が魅力的になるからですね。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

相手も自分も生かした時、恋愛や人間関係は成功します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




そんなすべてを生かして恋愛を成就する方法は、こちらに詳しく書いています。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク