読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

あなたの辞書から、「困った」という言葉をなくすこと

こんにちは。上村です。


「田中光顕」(たなかみつあき)という人がいます。


幕末から明治にかけての政治家です。


彼は、幕末の頃、
「坂本龍馬」「中岡慎太郎」「高杉晋作」というような人物と
活動を共にしました。


田中光顕は、明治以降も活動し続け、長命を保ちました。


亡くなったのは、昭和14年。


97歳で没しました。


今でもそうですが、当時としては、破格の長命です。


いずれにしても昭和10年代に、坂本龍馬や高杉晋作と活動した人が存命していたなんて、ちょっと驚きですね。


ちなみに、僕の父親は、昭和11年生まれです。


そう考えると、坂本龍馬も、思ったより「最近の人」のような気がします。



ところで、この田中光顕は、幕末の時代、「高杉晋作」に弟子入りしたことがあったのです。


高杉晋作といえば、「奇兵隊」を作った人物。


「志のある者は、身分にかかわらず参加していい」

ということになっていた。


高杉は、武士だけに任せても強い組織はできないことを悟った。


そこで、身分を問わずに隊員を募集したのです。


事実上、身分秩序は崩壊したわけですね。


その高杉晋作は、田中光顕にこんなことを言ったらしい。


困ったということを言うものではない。平生はむろん、難局に処しても、困ったという一言だけは断じ言ってはならない

と。


なかなか厳しい言葉です。


この言葉は、終生、田中の心の中に残りました。


田中は自らも、決して「困った」という言葉を使わなかったそうです。


これには力強いものを感じますね。


日常では、困ったことも頻繁に起きる。


高杉が生きた時代は、常に命が脅かされるような、混乱を極めた時代です。


いつも「困ったことの中」に身を置いていたのです。


そんな状況に打ち勝つために、「困った」という言葉を封印したのでしょう。


もちろんこのことは、我々の日常にも言えることです。


自分の日常から、「困った」という言葉を封印してみてはいかがでしょうか。


ナポレオンではありませんが、「世の辞書に‘困った‘という文字はない」と宣言してみてはどうか。


この言葉をなくすだけで、ずいぶん気力が沸いてきます。


恋愛や人間関係、家庭問題、仕事、その他いろいろなことで泥沼に陥っている人は、毎日が「困った」ことの連続でしょう。


しかし、「困った」という言葉を捨て去ってしまえば、どんな事態にも立ち向かっていけるもの。


困ったことの裏には、必ず「自分を向上させる何か」があります。


困ったという言葉を封印することで、その「向上させるもの」を意識することができるのです。


したがって、前向きに対処できるようになるわけですね。


あなたの決意が人生を作っていきます。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「困った」という言葉を、あなたの辞書からなくそう。

「困った」という言葉を捨て去れば、何事も前向きに対処できるもの。

状況は必ずいい方向になっていくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、何をしても愛されないと悩んでいるなら、解決方法があります。

それは、プレミアメールマガジンに書いてあることを実行することです。



バックナンバー購入」も可能です。 (どれも珠玉の内容です)





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク