読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

我々の日常は、「バラエティー番組」とは違う話

こんにちは。上村です。


幼い頃、わざと怒られるようなことをして、「周囲の注目」を集めようとしたことはありませんか?


自分の存在を目立たせて、注意を引こうとする。


「自分はここにいるよ。忘れないでよ」

ということですね。


もちろん、幼い子はそれでいいのです。


でも、大人になっても、この種の行動に出る人がいます。


「目立つこと」に躍起になっている人がいる。


これはマズイですね。


目立とうとして、わざとよくないことをしたりする人もいます。


偽善者ならぬ「偽悪者」ですが、どっちにしてもよくない。


あるいは、突飛な行動に出たりする人もいますね。


「過剰な自慢」などもそうかもしれない。


僕のかつての先輩で、この手の人がいました。


一日中、自慢話をするのです。


いっしょにいる時間が長かったので、さすがに僕は辛くなった。


それでも先輩はお構いなし。いくらでも自慢話を続けます。


僕がどう思っているとかは、あまり考えないようです。


考えてみればおもしろい人かもしれませんが、でも、どうしてこの人は自慢ばかりするのか?


些細な自慢くらいなら誰にでもあるかもしれませんが、彼は極端に多かったのです。


つまり、こういうことだと思います。


彼は、自慢を「自己主張」だと考えていたのでしょう。


もちろん、自己主張はいいのです。


しかし、「本当の自己主張」とは、相手に親近感を抱かせるものです。


自慢を聞いても、親近感は湧きませんから、したがって自慢は自己主張ではない。


彼は単に、存在感をアピールしようとしていただけだったのですね。


子供が怒らせるようなことをして、注目させようとするのと変わりません。


子供の場合は、純真だからいいのですが、彼の場合はそうではないので、問題。


明らかに自慢をして、利益を得ようとしていたのです。


目立つことで、自分を際立たせようとしていた。


しかしこういう行為は、ウラハラになることが多いですね。


目立とうとすればするほど、周囲は彼を避けるようになったのです。


彼は、あまりに度が過ぎていたのですね。


それもこれも、「目立てばいい」みたいな考え方をしていたからでしょう。


この先輩に限らず、そういう風潮って、確かにあるかもしれない。


一つには、「テレビ」の影響があるかもしれません。


当然ですが、テレビは、視聴者の耳目を集めるため、様々な工夫をします。


最近はそうでもないかもしれませんが、、昔は明らかに「過剰演出な番組」がありました。


昔、出演者全員が催眠術にかかって、思い通りに動かされる番組を見たことがあります。


いくら何でも、それはない。(笑)


テレビなので、ある程度の演出は必要かもしれませんが、問題は「見ている側がどう受け取るか」です。


目立つことが、「素敵な行為」であるかのように錯覚する人が出てくるかもしれない。


当然ですが、テレビの世界と現実の世界は違います。


「バラエティー番組」と「我々の日常」は違うのです。


念のために言うと、テレビをどうこう言っているわけではありません。


それは、情報を得たり楽しんだりできる、有益なものです。


ただ情報というのは、「利用するもの」であって、「振り回されるもの」ではないのですね。


いずれにしても、目立つことに価値があるわけではありません。


生きる知恵とは、目立つことではなく、「自分を役立てること」です。


集団を生きる知恵も、これと同じですね。


存在を際立たせようとしてもうまくいきません。


それより、「自分の役割を果たすこと」です。


それが唯一、本当の意味で自分を「個性的な存在」にしてくれます。


自己主張の強さが個性ではないのです。


控えめでも、自分のできることにしっかり取り組んでいる人は、個性的な存在なのです。


他人を排斥して、個性的だと言っても、それは違うわけですね。


自分一人なら個性も何もないわけで、本当に個性的になろうと思ったら、他人を尊重することが必要になるわけです。


それが真の意味で、自分自身を尊重することにもつながるのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目立つことではなく、「自分を役立てること」が大切なのです。

自分の役割を果たせば、自然に「個性的に」なります。

本当の個性とは、「他人との関係の中」で発揮されるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


愛される究極の書



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク