読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

愛情を広げながら、愛されたい人に愛される話

こんにちは。上村です。


こちらが本気になった途端、なぜか相手が逃げていく・・・

みたいなことが、恋愛でよくあるかもしれません。


恋人同士になりたいと、追いかけ始めると、相手は逃げてしまうのです。


どういう行動をすればいいかわからなくなってしまう。

恋愛に多いジレンマです。


どうしてなのでしょうか?


ここで、「愛情」について、考えてみる必要があります。


追いかけ回すことが愛なのでしょうか?


そうではないですね。


愛情は独占ではありません。束縛でもありません。


もっと「お互いの意思を尊重し合う」ものです。


独占欲が、かえって相手を遠ざけてしまうことがあります。


もちろん恋愛ですから、独占欲もあるでしょう。


それをすべて否定しているわけではありません。


でも、ただでさえ独占欲が全面に出てしまう恋愛では(恋愛に限りませんが)、それをうまくコントロールする必要があるのです。


これは立場を変えてみればよくわかると思います。


自分の気持ちを無視されて、相手にガンガン言い寄られたら、逃げ出したくなるのは当然です。


好きな異性と、無理に二人きりになろうとして、うまくいかない場合があります。


これはつまり、「愛情の独占」が破綻した結果。


しかし、「何が何でも二人きり」と思わず、余裕を持って相手と接するなら、「自然に二人きりになる機会」が訪れたりすることもあります。


これは何を意味するのでしょうか?


愛情とは、独占ではなく、「お互いの意思を認め合うこと」だと考えます。


その上で、自然に寄り添い合っていく関係が、いい関係です。


長続きする関係なのです。


「狭めていく愛情」では、心もとない。


「広がっていく愛情」は、持続性のある愛情です。


これは言うまでもないことですが、「浮気」という意味ではありませんよ。


素朴な他人に対する思いやりです。


恋愛感情とは関係のない愛情です。


「素朴な愛情を広げていく」という意味です。


こんな例を考えてみましょう。(これは、「男性を女性」「女性を男性」に置き換えても同じことが言えます)


一人の女性がいます。


彼女に対して、ずっとアプローチしてくる男性がいます。


彼は、その女性しか見ていないのです。


相手の女性はどう思うでしょうか?


逃げたくなるかもしれません。


まるで、夜道で見知らぬ男性に声をかけられるような心境に違いない。


不気味に感じてしまうのです。


ところで、一方、彼女と「普通に接することのできる男性」がいます。


その男性も、彼女のことが好きなのです。


しかし、自分の気持ちに振り回されず、恋愛一辺倒にならず、心身のバランスがとれています。


その上で、彼女に対しても好意を持っています。


つまり愛情が偏執的になっていないのですね。


「偏執的」とは、「自分の偏った考え」を押し付けようとする姿勢です。


これでは相手も、息苦しくなってしまうでしょう。


「私が愛しているのだから、あなたが私を愛するのは当然だ」

という態度です。


でも、相手にも意思があります。


それをねじ曲げようとしても、そうはいきません。


愛情は押し付けではなく、「心の素朴な働き」です。


心の素朴な働きだからこそ、お互いが心でつながることができるのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛情は押し付けではなく、心の素朴な働きです。

心の素朴な働きだからこそ、お互いが心でつながることができるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メールマガジン

1万人を虜にする魅惑のトーク術は、さらに濃密な内容を、あなたのメールボックスにお届けします。

購読は無料。ぜひお読みください。



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク