読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「あいまいな関係」こそ、自分を磨くチャンスという話

こんにちは。上村です。


今回は、「あいまいさに強くなろう」という話をしたいと思います。


「あいまいなことが許せない」

という人もいるでしょう。


「すぐに結果を出したい」
「たとえ無理でも、今すぐ何とかしたい」

と思うこともあるでしょう。


自分で努力できることはするべきですが、
物事は、自分が思ったように進んでいくとは限りません。



例えば、恋愛で考えてみましょう。


「好きな異性が、自分のことをどう思っているか?」

あいまいさに、気が焦ります。


そこで、相手のどんどんしつこくして、
かえって相手が離れていってしまう。

そんなこともあるかもしれません。


落ち着くべきなのに、落ち着けないのです。


あいまいさが我慢できないからです。


しかし、無理に「白黒決着」をつけなくてもいいのです。


しかるべき時に、必ず物事は決着がつくようになっています。


焦る気持ちはわかりますが、
あくまでそれは自分の都合であって、相手には関係のないことです。


どんなことも、「余裕」が大切です。


では、その逆は?


「がっつき」

ですね。


恋愛で言えば、「がっつき恋愛」。


あなたが誰かにがっつかれたら嫌なように、
相手もきっとそうです。


がっつくのは、
「自分のことばかり」になっているからです。


相手のことを考える余裕が、なくなった状態。


もちろんこれは、「真の思いやり」とは違います。


がっつけばがっつくほど、相手は逃げていく。
焦っていいことはありません。


もっと自然な形で、思いやりを発揮していくべきです。


相手に受け入れる気がなければ、仕方がありません。


恋愛や人間関係は、勝負事ではありません。
もっと落ち着くべきなのですね。


引き付け合うものは、自然に引き付け合っていきます。


何をしても接点が見い出せないのは、
相性が合わないから。


そう考えて、もっと堂々としているべきなのです。



そういえば、かつて僕は、こんな場面を目撃したことがあります。


「社内恋愛」をしていた男女がいました。


ところが、関係が悪くなったのです。


焦った男性の方が、職場にもかかわらず、
彼女に詰め寄ったのです。


「キミはけしからん」

みたいな。


当然、この関係は破局しました。


この男性にもっと「しっかりした気持ち」があったら、
また状況は変わっていたかもしれません。


彼は、小さな自分しか、見えていなかったのです。


恋愛は単なる一例です。


人生には、難問がたくさんあります。


辛い時こそ、苦しい時こそ、心を強くすべきなのです。


愛に壁を感じた時こそ、
「本当の愛」に気付くチャンスなのです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
しかるべき時に、必ず物事は決着がつきます。

だから、焦らず、自分の中に、「しっかりしたもの」を見出していくことです。

常に答えは、相手にあるのではなく、「自分にある」のです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ブロマガ記事では、「今年をいい年にするための方法」を書いています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク