読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「感謝」で救われた話

こんにちは。上村です。


僕は若い頃、「肩コリ」に悩まされていた時期がありました。


肩コリというのは軽く見られがちですが、本人にとっては相当辛い。


ところで、僕は、肩コリ解消法として「ある方法」を思いついた。


それは何でしょうか?


一見、肩コリとは関係ないような、「意外な方法」です。



それは・・・



感謝する



こと。




「どういう意味?」と思われるでしょう。


もちろん「肩コリに感謝する」という意味ではありません。


「物事全般に感謝する」ということです。


要するに、「ありがとう」の気持ちですね。


どうして、そんな方法を思いついたのかよくわかりません。


ただ、自分の肩コリは、「心のコリ」と関係しているような気がしていたのです。


身体的なことよりも、「精神的なこと」に関連している感じがした。


当時僕は、仕事関係のあつれきで、気持ちがクタクタになっていたのです。


(感謝することでわだかまりが氷解して、ひょっとしたら肩コリにも効くのでは・・・)

と考えました。


確信があったわけではありませんが、そんな気がしたのです。


それから僕は、何かにつけて「感謝」を意識した。


職場では、

「仕事があってよかった。ありがとう」


家庭では、

「優しい家族がいる。ありがとう」


嫌なことがあった時は、

「気持ちを変えろということですね。ありがとう」


みたいな感じで、いろいろなものに感謝するようにしたのです。


すると僕は、一つ気付いたことがありました。


「今まで自分は、全く人に感謝していなかったな」

と。


「自分勝手だった」

と反省したのです。


考えてみれば、「本当の意味の学び」とは、こういうことを言うのかもしれません。


机の上の理屈ではなく、実践して初めて確信するのです。


ところで、「肩コリ」ですね。


それはどうなったのでしょうか?


そうです。


あれほどしつこかった肩コリが、なくなってしまったのです。


「感謝」とともに、肩コリが消えていた。


不思議です。


言うまでもないことですが、「感謝する気持ち」は大切です。


でも、「肩コリ」のような身体的なことにまで効果があるのでしょうか?


僕は半信半疑でしたが、実践して初めてそれがわかったのです。


やはり、「感謝」には、身体までも癒す力があるのです。


と言っても、「肩コリは精神的な問題」などと、片付けているわけではありません。


純粋に「身体的な原因」で起こっていることもあるでしょう。


生活習慣や環境や体質もあることでしょう。


但し、そういった部分を改善していくのに、精神的な部分が重要なのです。


感謝といっても、何も「感謝感謝」とつぶやく意味ではありません。


形だけを整えても意味がありません。


何事も「気持ち」が大切です。


心からそう思うことです。


要するに、「素直な気持ち」になれたのですね。


だからきっと、精神的にも身体的にも、いい影響が出たわけです。


肩コリは、象徴的な意味です。


人は日常で、いろいろなことにこだわっています。


その結果、思うように行かず、行き詰ってしまう。


心のアカを洗い流すべきです。


こだわりを捨て、損得を捨て、競争を捨て、「素の自分」を意識してみる。


きっとまた、「わだかまり」という壁が壊れ、前に進んでいくことができるでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いろいろなわだかまりが、心を萎えさせていきます。

わだかまりを捨て、小さな自分へのこだわりを捨てれば、
「本当の自分」が発揮できます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


恋愛や人間関係、愛を伝えることが苦手な人のために「指南書」を書きました。

どうしたらよくなっていくかを、すべて書いています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク