読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「調和」の会話術


こんにちは。上村です。



最近、ある討論番組を見ていて、思ったことがあります。


発言が多い人と、そうでない人がいますね。



それは生放送だったので、編集はありません。


明らかにしゃべっている人とそうでない人がいたのです。



もちろんただ話せばいいというものでもありませんが、それは討論番組ですから、無口というのもヘン。



よく見ていると、司会者近くの人は、口もなめらか。


一方、司会者から遠い位置の人は、鈍りがちです。


「司会者のそばだから話しやすいのだろう」


と考えるのは表層的です。


物理的なことより、「心理的なこと」だと、僕は考えています。


司会者のそばにいることで、より「協調」が意識できるからですね。



スンナリ議題に入り込むことができる。


つまり、場に調和できているわけです。


決して、「自己主張の強弱」が要因ではありません。



そこで、前回のブログ を思い出してくださいね。



「会議で、話したいことがあるのに、まったく話せない」


という悩みの人です。


彼は、勘違いしていたのですね。


「会議とは、自己主張をする場だ」


と思っていたのです。


でも、そうではありません。



「会議とは調和する場」


です。



調和するから自分の意見が言えるのです。


ケンカしている相手とマトモな議論ができないように、調和して初めて意見が主張できる。


友達同士が、平気で自分のことを言い合えるのと同じです。


会議とは、「調和することで自分の意見を言う場所」なのです。


調和(協調)が大切。


ここでの調和「協調」とは、相手の意見に何でも従うという意味ではありません。


正しいと思ったら従ったらいいし、そうでないなら、「自分はこう思います」と言えばいい。


それができるのは、調和(協調)しているから。



決して、自己主張が強いからではありません。


例えば、黙っているからといって、自己主張がないかといえば、そういうことでもないですね。


むしろ、「自己主張がありすぎて、かえって何も言えなくなる」なんて場合もあります。


いずれにしても、


自己主張という「自分を出す行為」は、その裏に「調和」が必要ということなのです。



これは、恋愛や人間関係にも言えることです。



相手が話に耳を傾けてくれないのは、「話がおもしろくないから」ではありません。



「雰囲気に調和ができているかどうか」


が鍵なのですね。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「調和」することで、意見が言えるようになります。


ここでの調和とは、「場になじむ」という意味です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「フリートークの技術」は環境を劇的に変化させます。そんな「会話技法」をあますところなく書きました。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク