読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「小さな自分にこだわっている時などない」人生論

こんにちは。上村です。


『恥ということを打ち捨てて世のことはなるべし』

・・・坂本龍馬


『せいぜい自分に恥をかかせたらいいだろう。
恥をかかせたらいいだろう、私の魂よ。
自分を大事にする時など、もうないのだ』

・・・アウレリウス


という言葉があります。


要するに、「恥ずかしい気持ちに負けてはいけませんよ」という意味なのでしょう。


「恥を知る」という言葉がありますが、その「恥の本質」が大切です。


本当の恥ならともかく、「恥ずかしくないこと」まで「恥ずかしい」と思い込んでいる場合があります。


恥ずかしい気持ちに負けて、すべきことや言うべきことが、できない人も多いのです。


「恥ずかしい気持ちを乗り越える」

これは大切なことだと思います。


「恥」とは何でしょうか?


自分で勝手に「恥ずかしい」と思い込んでいることもたくさんありますね。


例えば、好きな人を食事に誘う。(同性でも異性でも)


別に恥ずかしいことではありませんね。


純粋にそう思っているだけです。


「いっしょに食事に行きましょう・・・ああ、恥ずかしい」

とか言っていたら、誘われた方も困ります。(笑)


もちろん、「繊細」は美徳です。


ただ、そのせっかくの美徳が、後ろ向きに出ると、意味のないことにまで恥ずかしさを感じてしまうことがあります。


美徳は美徳として、前向きに発揮することが大切です。


例えば、こんな例を考えてみましょう。


「セクハラ発言」などをする人がいますね。


相手が戸惑ったり、恥ずかしがったりするのを、楽しんでいるのです。


誠に悪趣味です。


こういった人に対しては、モゾモゾと恥ずかしがっていてはいけません。


「毅然とした態度」をすべきなのです。


「セクハラ発言など受け付けない」という、強い気持ち。


これが大切ですね。


「恋人がいるのか」と、しつこく聞くような人もいます。


相手が恥ずかしがると、余計に頑張って聞こうとする。


そういうことを聞かれないようにするには、「恥ずかしがらないこと」が大切です。


恋人の有無など、別に恥ずかしさとは何の関係もないのです。


当たり前のことですね。


自分で勝手に、「これは恥ずかしいこと」と決め付けている場合があります。


冷静になって、それは「本当に恥ずかしいことなのか」を考えてみることです。


すると、自分で恥ずかしいと思っていることの多くは、別にそんなことはないことに気付くでしょう。


自分が勝手に想像で作り出したものなのです。


他人は何とも思っていないという事実です。


例えば、変な例で恐縮ですが、僕は、若い頃、「アイドル写真集」を買おうとして、書店で躊躇した経験があります。(笑)


この「恥」に、客観性はありません。


店員さんは、自分の仕事に忙しく、誰が何を買ったなんていちいち気にしていないでしょう。


本は自分だけではなく、多くの人が買うのですから、当然ですね。


買うも買わないも、自分の自由です。


理性的になって、「恥」というものを考えてみることです。


すると、恥ずかしいと思っていることの多くは、別に何でもないことに気付くでしょう。


冒頭に書いた、アウレリウスの言葉。


『自分を大事にする時など、もうないのだ』


この言葉はガツンと心に響きますね。


大事にすべきは、小さな自分ではなく、「本当の自分」です。


妙なプライドにこだわって、すべきことができなくなっている人がいます。


小さな自分にこだわっている時などないのです。


本当の自分を発揮していけば、今いる人、これから出会う人を幸せにしていくことができるでしょう。


「あなたを待っている人」がいるのですから。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小さなプライドを捨てれば、「大きな自分」が手に入ります。

本当の自分を発揮していけば、今いる人、これから出会う人を幸せにしていくことができるでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


上村式「驚異的に愛される意思疎通術」のすべてを、ここに書いています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク