読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

嫉妬している時というのは、たいてい「自分を見失っている時」という話

こんにちは。上村です。


恋愛に悩む人が、こんなことを言う場合があります。


「相手のことが本当に好きかどうか、わからなくなった」

と。


あまりに悩みすぎて、

「いったいここまで悩むほど、相手はそんなに素敵な人なのか?」

と疑問を持ってしまうのです。


「この人でないとダメ」という理由が、自分でもよくわからない。


ここまでくると、相手がどうというよりも、「恋愛のための恋愛」になっています。


人に恋するというより、「恋に恋する」みたいな感じ。



人間関係でもありますね。


「人脈を作るんだ」

と頑張る。


それはいいのですが、知り合いの数は多くなっても、あまり心通じ合う相手がいなかったりとかもあります。


「恋愛ための恋愛」「人間関係のための人間関係」

になってしまっているのです。



例えば、こんなことを考えてみましょう。


友人に恋人がいて、羨ましく思う。


それがきっかけで、「自分も早く恋人を見つけるぞ」と、相手を見つけようとします。


でも、それは自分の本心でしょうか?


単に、「恋人がいる」と誰かに向かって言いたいだけなら、全く意味はありません。


誰しも、自分の人生のペースがあり、必要なものも違います。


本当に恋人が必要と、自分が思うならいいのです。


でも、いる人を羨ましがって求めるなら、あまりうまくいかないでしょう。


動機が、本来的なものから遠ざかっているからです。


「友人が恋人を作ったから自分も」

というのは、動機がちょっと「おそ松さん」になってしまう。



嫉妬している時というのは、たいてい自分を見失っています。


自信と嫉妬は無縁だからです。


もちろん人間ですから、完璧というわけにはいかないでしょう。


しかし、自分を偽るようなことはしない方がいいのです。


「そこに恋愛があるから、恋愛するんだ」

というのは、名言ぽい言い方ですが、その実、全然中身がありません。


昔、喜劇のギャグで、男性が初対面の女性に、「僕と結婚してください」というのがありました。


まあ、それくらい滑稽なのです。


自分の人生なのですから、他人との比較で自分を決めるのではなく、自分自身が自分を決めていくことです。


しっかり、自分の「本心(良心)」を見つめていきたいですね。


そうすれば、素朴な気持ちが取り戻せるので、それにつれて、きっと物事もよくなっていくでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
比較をやめて、自分の本心(良心)に忠実になっていく。

そこに、局面打開の鍵があります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



愛されたい方、孤独に悩んでいる方は、プレミアムメールマガジンを読んでみてください。



今、プレミアムメールマガジンを購読申込された方には、かつて有料で販売していた「以心伝心のE-BOOK」をプレゼントしています。

(期間限定配布ですので、お急ぎください)





プレミアムメールマガジン(バックナンバー購入も可能です。どれも珠玉の内容です)

第1号 無料メルマガでは書けなかった「ある話」

第2号 あなたの持つ「素晴らしい資質」を、このメルマガで証明します

第3号 あなたに恋愛や人間関係がうまくいく「別の視力」をお渡しします

第4号 あなたの愛を成就する「たった一つの」心がけをお伝えします

第5号 今回は「出遅れ体験記」という「成功話」です

第6号 今回は、愛を実現する「あなたの個性」を、とことんまで引き出します





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク