読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

自分を苦しめる人は、自分が成長すれば、いなくなっていく話

こんにちは。上村です。


突然ですが、
僕の「秘密の教育論」を聞いていただけますでしょうか?(笑)


といっても、硬い話ではなく、むしろ「柔らかい話」です。


「柔軟性」のお話なのです。


例えば、よくこういうことが言われます。


「教師の質を上げよう」

と。


確かに、ヘンな教師はいるものです。


僕の学生時代にも、
いわゆる「問題教師」がいました。


ちゃんとした先生もいたのですが、
僕に関して言えば、学校の教師にはあまりいい思い出がない。


「不適格教師はなくすべき」という意見は、もちろん正しいです。


しかし、完璧な組織がないのと同じで、完璧な教師もいません。


採用基準を厳しくしても、書類上の審査では、
その人の本質はわかりません。


面接だけでも、もちろんわかりません。


結局、教師になろうという人の「自覚」が問われてくるのです。


それはともかく、こういうことを考えてみましょう。


問題教師がいたら、本当に生徒はダメになるのでしょうか?


それは、生徒を軽く見すぎです。


生徒というのは、教師をよく見ています。
「いい部分」「悪い部分」を、よく把握している。


教師が尊敬できない人だったら、
「あんな大人にはならないぞ」と、
かえって生徒の向上心を刺激するかもしれません。


ぜひ「そうあるべき」だと思います。


教師がどうでもいいと言っているのではありませんよ。
教師が、ちゃんとしなければいけないのは、言うまでもないことです。


ただ、「どんな状況も自分の糧にしていくべきだ」という話がしたいのです。


例えば、かつて「学力不足の教師」が問題になったことがあります。


入試問題を解けない教師がいたのです。
(ごく一部でしょうが)


「こんな教師に教えられた生徒は災難」

と思うでしょう。


しかし、別の見方をしてみましょう。


学力不足の教師を前にして、生徒は考えます。


「この授業はアテにならない。自分で何とかしなければ・・・」


ある生徒は、親に頼んで塾に行かせてもらうかもしれない。
ある生徒は、自分で参考書を買って、自力で頑張ろうとする。


すると、一番大切な「自主性」が養われます。


別に、学力がどうかとか、勉強がどうかとか、
そんな話をしているのではありません。


勉強なら、ある程度詰め込みでも何とかなるでしょう。


でも、人生はそういうわけにはいきません。


自分から何かをしようとするのは、人生にとって大切なことです。


ハンデがあっても、それで精神的に目覚めて、
いっそう自覚が芽生えてくるかもしれないのです。



「反面教師」との出会いが、向上心を刺激する場合もあるのです。


ここでの「反面教師」とは、学校の話ではなく、「人生で起こる様々な都合の悪いこと」を意味します。


反面教師は「象徴的意味」です。


「教師」も必要なら、「反面教師」も必要です。


自分に起こった「マイナスの出来事」に、自分を飛躍させる何かがあるのです。


イヤな人が周りにいたら、気持ちが萎えてくるかもしれませんが、
それは考え方次第です。


そういう「反面」が、自分にとって何かを気付かせてくれるのです。


もし、「反面教師を積極的に生かす考え方」ができたら、
やがてその人の周りから「反面教師はいなくなっていく」でしょう。


実際に去っていくのです。


もはや反面的なことが必要のないくらい、自分が成長したからですね。


また「別の反面的なこと」が起こるかもしれませんが、
それも自分の糧にしていけば、またその反面的なことは去っていきます。


「成長の法則」とは、そういうものです。


イヤな人の存在に悩んではいけない。


それもまた、「貴重な教師」になるはずなのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「反面教師」こそ、自分の成長の糧にすべきです。

そうすれば、やがて「反面教師」は消えていくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ブロマガ記事では、恋愛や人間関係のもめ事を解決する「本当の方法」を書いています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク