読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

今から他人にビクビクしない、意外な方法


こんにちは。上村です。



対人関係が苦手な人がいるとします。


いつも他人に対して、ビクビクしている。



「堂々とした自分になりたい」と思っています。



そこでどうするか?



相手より優位に立つために、わざと尊大な態度をとる。


自分を大きく見せようとするのですね。


しかし、これがうまくいかないのは明白です。


なぜなら、方法が間違っているからです。


ビクビクの原因はそのままにして、対処療法でどうにかしようとしているからですね。


しかも、間違った対処療法をしています。


尊大に振舞えば振舞うほど、自分の「自信のなさ」を自覚してしまう。


ますますビクビクすることになります。



過度なビクビクには原因があります。


その原因を突き止めて、対処しなければなりません。


じゃあ、ビクビクしないためにはどうしたらいいのでしょうか?


大切なのは、「優劣を比較しないこと」です。


優劣が気になると、人を不必要に恐れたり、また不必要に尊大になったりします。


ここで大切なことがわかりますね。


ビクビクの原因は、気が弱いからではないのです。


他人と自分の優劣を過度に気にするから、相手に怯えてしまうのです。


能力ある人に会うと、それだけで気が引けてしまうことがあります。


それは、「能力」という優劣を比較しているからです。


しかし、能力なんて、様々な角度があります。


頭の良さだけが能力ではありません。


他人の喜びや辛さをわかってあげるのも、能力の一種。



むしろこちらの方が、人間的能力としてとても重要なものですね。


そう考えたら、「能力」なんて、誰も正確に測れないのです。



優劣を比較すること自体、意味のないことです。




話を戻しましょう。



他人を恐れない方法とは何か?



それは、恐れを知らぬ人になることではありません。


「人を見下したり、不必要に持ち上げたりしないこと」


です。


態度を変えるのではなく、「考え方」を変えるのですね。


ここがポイントです。


したがって、異性の歓心を買おうと、妙に格好をつけても意味がないのです。



態度を変えても意味がない。



「押してもダメなら引いてみな」と、手のひらを返したように逃げても、相手は追いかけてこないのです。


「追いかける」「逃げる」という態度が問題なのではありません。


「押しの一手」「逃げたら追いかけてくる」という考え方が問題なのです。


そうではなく、「楽しいから付き合う」というのが正しいのです。


ここでいう「楽しい」とは、おもしろいことをするという意味ではありません。


いっしょにいて嬉しいという意味での、楽しいですね。


「安心できるし、ワクワクできるし、共感できる」


そんなことです。


愛情を得ようとして、四苦八苦しながら追いかけてみたり、不安だからしつこくしてみたりするのは、間違っていますね。


それではいつまで経っても、相手の心をつかむことができません。


態度ではなく、考え方を素直にすることですね。


恋愛(友情)とは何か?



お互いがお互いを必要とする関係ですね。



追いかけたり逃げたり、というような次元の話ではないのです。



何事も「原点」に戻れば、正しい対処ができるもの。



そうすれば、恋愛や人間関係が大いに発展するはずです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

成功の秘訣は、「態度」ではなく、「考え方」です。


「原点に戻ること」が大切です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、

たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


1.追いかけるのをやめる

2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。


1万人を虜にする魅惑のトーク術(アメブロ版)-hideaki2




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク