読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「電話恐怖」を「電話が楽しい」に変えた、ある方法


こんにちは。上村です。



前回のブログ で、


「自分の性格は、自分が決めている」


という話をしました。



つまり、絶対的なものではなく、「相対的なもの」ですね。



しかしここで、大きな壁にぶち当たります。


問題はそれをどう実践するかですね。


恋愛下手と思っている人が、「恋愛上手」と簡単に思い込めるかどうか?


いろいろな経験から「恋愛下手」という認識ができたのです。


それを変えようと思っても、また恋愛下手と思うような事実に出会って、その思いが強化されてしまう。


「口下手ではない」と思っても、会話がうまくいかないと、「やはり自分は口下手だ」と思ってしまう。


どうしても、マイナスの感情から抜け出すことができないのです。


では、いったいどうしたらいいのでしょうか?


そこで、とても大切なのことですが、悩んでいる人というのは、「自分の感情」を何とかしようとしていますね。


「好きな人の前で、テレてはいけない。堂々としていよう」


と思っている。


でも、思いだけに焦点を当てて、肝心の行動がなおざりになっているのです。


「行動」に焦点を当てるべきですね。


感情に力を入れるのではありません。


「行動」に力を入れるのです。



例えば、こんな例を考えてみましょう。


仕事で電話をかける必要があるとします。


しかし、かけにくい相手。


何となく躊躇します。


後回しにしてしまう。


すると、後から余計にかけにくくなったりします。


では、どうしたらいいか?


なぜ必要なのにかけられないかというと、「感情に力を入れているから」です。


電話をかける気持ちになってから、電話をかけようとしているのですね。


気持ちを整えてから電話をかけようとするから、いつまで経ってもかけられないのです。


「電話をかけるという行動」に力を入れる必要があるのです。


そうすれば、簡単に電話をかけることができます。


実は僕自身、若い頃は、電話がとても苦手でした。


相手からかかってくるのをずっと待っていた。


しかしそんな都合よくかかってきません。


ましてや仕事の場合、「電話を待つ」なんてことをいつもやっているわけにはいかない。


どうして自分は電話をかけるのが苦手なのか?



若い頃にそれに悩んで、いろいろ考えました。



そこでわかったことがあったのです。


さっき書いたことですね。


感情を整えてからかけようとしていたのです。


しかしそれではいけない。



「行動」に力を入れることが大切です。



感情ではなく、行動に力を注ぐ。



気持ちのいい行動は、精神にもいい影響を与えます。



やがて人見知りしない自分を確立することができるわけです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━

感情に力を入れるのではありません。


「行動」に力を入れるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク