読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「真実の優しい人」になって、愛される方法


こんにちは。上村です。



「いい人」というのは、あなたの周りにもきっといると思います。



他人を傷つけることもないし、波風を立てることもない。


穏やかな人ですね。


もちろん、好感の持てるタイプです。


そんな人を嫌う人は、あまりいないでしょう。


しかし、こういう悩みを持つ人がいます。


「自分はいつも‘いい人止まり‘。そこから発展していかないんだ」


と。


これは、特に恋愛に多いかもしれません。


「いい人だけで、熱烈に愛されることはない」


と悩んでいるのです。


もちろん、わざと悪ぶって見せても、うまくいかない。


どうしても、人のいい面が出てしまうのです。


かつて、僕自身もそうでした。


とにかく、人あたりがよかったのです。


人あたりがいいのは美徳ですが、僕の場合はそれとは少し違います。


極端に愛想笑いばかりしていたのです。


そんな自分に、とてもイヤ気がさしてきた。


(いったオレは、自分を見失っているのではないだろうか)


と思ったのです。


そんな愛想笑いばかりしている自分は、本当の自分じゃない。


摩擦を極度に恐れて、言いたいことも言えないような自分は、本当の自分じゃない。


そう思ったのです。


なぜなら、イヤと言えないために、日常で損をしたことがたくさんあったからですね。


それもこれも、「いい人」から卒業できない自分が招いたこと。


もちろん、ここで書きたいのは、「いい人ではダメ」ということではありません。


性格がいいというのは、もちろん美徳です。


「いい人」が悪いわけではないのです。


「いい人止まり」が悪いのです。


「いい人」からもっと進化して、「真のいい人」になるべきです。



僕はある時、それに気付きました。


いい人は、それでいい。


ただ、「いい人で止まっているから」ダメなのです。


ここが大切ですね。



ではいい人止まりから抜け出して、「真のいい人」になるためにはどうしたらいいのでしょうか?


いい人というのは、相手を傷つけまいとします。


優しい性格です。


しかし、真のいい人とは、そこで止まりません。


自分を周囲に役立たせようとするのです。


自分の持つ力を、周囲の発展のために役立てようとする。


これは決して大げさな意味ではなく、日常の小さな場面でも当てはまります。


相手を傷つけまいとするのはいいのですが、そればかり意識しても、何の発展もありません。


もっと積極的な「いいこと」の方が、いっそう価値があります。


何も社会運動をしようとか、そういう意味ではありませんよ。


そんな大げさなことをしなくても、自分の与えられた環境の中で、周囲に役立つことはたくさんあります。


人というのは、自分のことだけを考えていると、どうしても限界を感じるものです。


でも、周囲のことを考えれば、そこに限界はなく、いつも発展していくことができます。


「愛される人」というのは、そういう人ですね。


単にいい人だから愛されるということではなく、その人の存在が、周囲を照らしていく「電灯」のようになっているのです。


ここでの「電灯」は、深い意味です。


単におもしろいこと言って笑わせるとか、そういう意味ではありません。


表面的なことではないのです。


「周囲の気持ちを高めるような存在」のことですね。


決して難しいことではなく、自分が前向きに生きていれば、それに触発されて前向きになる人が出てくるものです。


それも立派な「電灯の役割」を果たしているのです。


あなたは、絶対に「いい人」だと思います。


でもこれからは、「真のいい人」を目指すべきだと、僕は思うのです。


真のいい人は、時に相手の意に沿わないことでも、言うべき時にしっかり言うことができます。


「相手の気分を害するのが怖いから、言うべきことも言えない」


ということがあってはいけない。


なぜなら、その場はそれでよくても、後々、自分にとっても相手にとっても、必ず不都合なことになるからです。


例えば、僕の自宅に、よく訪問販売の人がきます。


僕は、訪問販売だとわかると、話も聞かずに断るのです。


もちろん悪質な人は論外ですが、たとえそうでなくても、僕は話を聞かないのです。


これは自分のためでもあり、相手のためでもあります。


まず、自分自身、興味のないことに時間をとられたらもったいないからです。


そして、相手もそうです。


延々と話をさせるのは、時間がもったいない。


本当に必要としている人がいるかもしれないし、そういう人に時間をかけてあげた方がいいでしょう。


表面的ないい人になって、結局は自分も相手も損をさせていることがあります。


それより、「真のいい人」になるべきです。



真のいい人とは、まさに「自分の本質」です。



「本質を発揮する人」が、真に愛され、信頼されるのです。



僕が書いたE-Book、


『瞬時にそして永遠に「途方もない愛される力」を養い、震えるほど好きな人から愛される、今すぐ知るべき技術』

(全275ページ)



そんな「自分の価値を上げるノウハウ」を、徹底的に書いています。


本質を発揮して、恋愛や人間関係を成就させる「最高の方法」です。


本質を知らずに、日常を送るのは、とても損です。


あなたには、「得」をしていただきたいのです。


「自らの魅力を高める方法」を知ることは、どんな財宝よりも価値ある「本当の得」です。



あなたなら、そのことが一番わかっておられるはず。



そんな思いから書いたE-Bookです。



購入特典にも、「凄いもの」を用意しています。



今すぐご覧ください。




今回のまとめ   
━━━━━━━━━━

「真のいい人」になろう。

━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、

たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


1.追いかけるのをやめる

2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。


1万人を虜にする魅惑のトーク術(アメブロ版)-hideaki2




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク