読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

好きだという宣伝はいらない話


こんにちは。上村です。



「好きという思いは必ず伝わる」


これは真実です。



「自分は相手を好きだと思ってるけど、伝わっていないよ」


とおっしゃる方がいるかもしれません。



特に恋愛でそう感じる方はいるでしょう。


でも、それは違うのです。


「好き」という思いは伝わっています。


でも、相手はそれを受け入れていないのです。



感情は伝わってるけど、受け入れてない状態です。


「受け入れてもらう」


この部分が大切です。



うまくいかない恋愛(人間関係)は、ここを忘れているのです。



伝えることばかり熱心で、肝心の受け入れてもらうことを考えていない。



だから、相手が嫌がってもしつこく追いかけてしまうのです。



では、どうしたら、好きという思いを、相手に「受け入れてもらう」ことができるのでしょうか?



一言で言えば、押し付けをやめることです。



「自分はこんなにあなたのことが好きだ」というアピールは必要ないのです。



意識的にアピールしなくても、好きなら自然に態度に出ているものです。



自分が相手のことが好きならそれでいいのです。



「自分がこれだけ愛しているのだから、あなたもこれだけ愛せ」


みたいになったら、相手は引いていきます。



愛情とは、もっと素朴なものです。



押し付けも強制も必要ないのです。


我々は、いろいろな感情を持っていますね。


たとえ「好き」という感情を受け入れてもらえなかったとしても、別の感情を受け入れてもらえる余地ははあります。


例えば、「趣味」というのは、「喜び」の世界ですね。



趣味を通じて「喜び」という感情を相手に伝えれば、受け入れてくれる可能性はあります。



一つでも自分の感情を受け入れてくれたら、別の感情だって受け入れてくれるかもしれません。



趣味は単なる例です。



大切なことは、押し付けるのではなく、「共感し合う」ということです。



押し付ける人は、心の底に不安を抱えているもの。



不安を解消しようとして押し付けがましくなるのです。



でも、共感は、心に余裕が必要です。



焦ったり不安になったりすることがあるかもしれませんが、そんな時だからこそ、「余裕」をもっともっと高める必要があるのです。



心を悩ませるものからいったん距離を置いて、時間をとってもいいでしょう。



落ち着いてくれば、きっと「いい考え」が心を満たすようになりますよ。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

愛情に押し付けはいらない。


「素朴な共感と思いやり」があればいいのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク