読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

どんな大作ドラマも、「自分の本当の人生」にはかなわない話

こんにちは。上村です。


以前、ある「警察官」から、話を聞いたことがあります。


警察の仕事とは、本来地道です。


刑事ドラマで、「○○署の○○です」と、
颯爽と捜査している警官を思い浮かべたりしますね。


しかし、実際はもっと地味です。


地道な根気のいる、ストレスの多い仕事。


刑事ドラマでは、
簡単に「事件の目撃者」が現れます。


容疑者も、すぐ捜査線上に浮かぶ。


当然ですね。


放送時間内に解決しないといけないから。(笑)


もちろん、実際の捜査では、
そんな簡単に目撃者が発見できるとは限りません。


無駄足や徒労を繰り返し、時間もかかります。


捜査を忠実にドラマ化したら、
ものすごい「単調なドラマ」になるでしょう。


それに、言うまでもないことですが、
逮捕したらそれで終わりではありません。


刑事ドラマでは、エンディングで、
「捜査員が居酒屋で打ち上げ」みたいなシーンがあります。


ところが実際には、「その後」があります。


容疑者が起訴されるかどうかもありますし、
起訴されたら裁判もあります。


見える部分より、「見えない部分」の方が続いていくのです。


第一、それがどんなことをした人であろうと、
人一人を拘束するわけですから、責任は重大です。


「格好良さ」などとは、本来無縁の世界なのです。


例えば、こんな例はどうでしょうか。


多くのファンから、キャーキャー言われるような人がいます。


外面的には羨ましく思うかもしれませんが、
それはあくまで表面的なことです。


実際は、その人には多くのプレッシャーがあることでしょう。


目立つというのは、それだけ苦労も多いものです。


それに顔が知られたら、コンビニで立ち読みもできなくなる。(笑)


常に人の視線にさらされているなど、
僕なら御免被りたいです。


何事も、表面上ではわからない「裏の部分」がありますね。


「幸せ」というのは、
表面的には判断できないのです。


陰で、何か大きな悩みを抱えているかもしれません。


景気のいい会社に勤めていても、
仕事が苦痛かもしれません。


幸不幸というのは、外から眺めているだけでは、わからないものです。


なので、表面上のことで、一喜一憂してはいけないのです。


他人の幸せをうらやましがってはいけない。


自分なりの「幸せ」を追求していけばいい、というわけです。


幸せは、うらやましがるものではなく、
「自分で見つけるもの」です。


幸せの定義は、人によって違います。


本当の幸せとは、外に見出すものでありません。


「自分の中」から見出していくものなのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本当の幸せとは、外に見出すものでありません。

「自分の中」から見出していくものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


恋愛や人間関係、愛を伝えることが苦手な人のために「指南書」を書きました。

どうしたらよくなっていくかを、すべて書いています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク