読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「チョコレート的雰囲気」の愛され術


こんにちは。上村です。



僕はいつも疑問に思うことがあるのです。


それは1年に1回、必ず脳裏をよぎる。


具体的に言うと、2月14日にその疑問は沸いてくるのです。


そうですね。


「どうしてバレンタインデーがあるのか?」


という疑問。


いや、バレンタインデー自体を不思議に思っているわけではないのです。


どうしてバレンタインデーに「チョコレートを」渡すのか?


それはチョコレートでなければいけないのか?



「せんべい」ではダメなのか?



そんなギモンが沸いてくるのです。


あなたはそんなことを考えたことはないでしょうか?


どうしてチョコレートなんでしょうね。


「お菓子屋さんの作戦だよ」と、あなたは思われるかもしれない。


「売り出す商品が、チョコレートだっただけ」


というわけですね。


確かに、それはそうかもしれない。


しかしです。



何かの記念日を作り出して、商品を売るというテクニックは、昔からどこにでもありますね。


近所のスーパーでは、「特定の日」に商品を買うと、クジがついてくる。


当たれば、景品がもらえます。


これも一種の記念日ですね。


でもそれは、「全国的なブーム」というわけではありません。


例えば、一時期ブームになったのに、しばらく経つと「そんなのあったっけ?」みたいになるものがありますよね。


その点、バレンタインデーは、長きに渡って、人々の心をガッチリつかんでいるのです。


お菓子屋さんの作戦で始めたとしても、長年続くということは、それなりに理由があるはず。


それはやはり、「チョコレート」という選択肢がよかったからではないかと、僕は思うのです。



「チョコレート」が持つ、あの深み。


優しい味わい。


ちょっとした刺激。


どこか懐かしい。


芯が強く、しかも繊細。


そんなチョコレートの印象が、恋愛の印象にピッタリ一致したのではないでしょうか。


だからブームが一時期で終わらず、ずっと定着したのですね。



ところで僕は、おやつには「せんべい」を食べます。



もしバレンタインデーがせんべいだったら、あまりはやらなかったでしょう。


もちろん、せんべいが悪いわけではありません。


恋愛の雰囲気とせんべいは、イマイチ合致しないからです。


「せんべい」に、あまりせつなさは感じませんから。(笑)



やっぱりせんべいは、親子がそろって楽しくバリバリ食べるイメージです。(あくまで僕のイメージ)


というわけで、やっぱりバレンタインデーは、チョコレートに限る。


そこで僕は、こう考えるのです。


あなたが恋愛力をつけたいのなら、「チョコレート的雰囲気」を身につければいい。



深くて優しい。


ちょっとした刺激。


どこか懐かしい。


強くて繊細。


そういうモロモロの雰囲気をかもしだせば、あなたの恋愛力は高まるに違いありません。



「チョコレート的雰囲気」


これは研究するに値するテーマですね。(笑)




今回のまとめ
━━━━━━━━━━

魅力とは、「無限」です。

━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク