読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

チョコレートで人生を変える話


こんにちは。上村です。



もうすぐ『バレンタインデー』ですね。



楽しみにしている方もいれば、面倒と思っている人もいると思います。


女性は何かと気を遣うかもしれない。



好きな相手ならいいのですが、義理で渡す場合も多いでしょう。


職場はまさにそう。



あの人に渡したら、この人に渡さないわけにもいかず、考えれば面倒なことです。


いっそのこと、適当な数のチョコレートを机の上に並べて、「ほしい人はとっていってくれ」とした方が楽でしょう。


しかし、そんなバイキングみたいなバレンタインデーはありません。


では、面倒なのは女性だけかというと、そうでもないのです。



ある種の面倒は、男性も感じています。


友人がチョコレートをもらった。自分はもらえない。何となく寂しい。


「チョコレートを○○個もらった」と、おかしな自慢をする人がいます。(「お菓子」と「可笑し」をかけています・・・笑)



もらったチョコレートの数など、どうでもいい話。



でも、そういうことを言われると気になります。



「義理でもいいからほしい」と思う。



好きな異性から自分はもらえず、他の男性がもらっていたら、ショック。



自分はもらえたとしても、他の男性と比べて明らかに適当なチョコレートだったら、それはそれでショック。


いろいろ考えると、バレンタインデーなど、悩みの源泉にしかならないような気がしてしまう。


そこで、こういう悩みを解決するいい方法を、僕が伝授しましょう。


例えば、周囲に女性がたくさんいるのに、まったくチョコレートをもらえなかったとします。



そんな場合は、どうしたらいいか?



簡単ですよ。実にいい方法があります。


自分でチョコレートを買いに行けばいいのです。


いや、冗談ではありません。


周囲に期待するから裏切られるのですね。


期待するなら、自分に対してすべき。



自分に期待して、初めて堂々と世の中を渡っていくことができます。


チョコレートをもらうことに期待してはいけない。チョコレートを自分で買うことに期待したらいい。


後者の期待なら、お金さえあればいつでも実現しますね。(たいした金額ではありません)



「バレンタインデーに、自分で買ったチョコレートを食べるのは、寂しいじゃないか」


と言う人がいるかもしれない。


でも、それは単に気持ちの問題です。


気持ちの問題と言えば、バレンタインデー自体が気持ちの問題なので、気にするかしないかは自分次第。



結局すべて「気持ちの問題」なのです。



気持ちが萎えていたら、いくらたくさん友人がいても、「寂しい」という思いが湧いてきます。



一方、気持ちが充実していたら、たとえ一人でも楽しいものです。



気持ちを充実させるためには、「自分に期待する」ことが大切です。



これはなかなか重要ですね。



では次回も、続けてこのお話をしましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━

「期待」の対象は、常に自分自身です。

━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク