読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

しにくい行動をするための、「雰囲気トーク術」


こんにちは。上村です。



前回のブログ で、「学校嫌いの友人が、なぜか卒業式で泣いた話」をしました。



一見不思議です。



でも、今になって考えると、友人の「号泣理由」がわかるのです。



「環境が個人に与える影響」ですね。



まず「卒業式」というシチュエーション。



これが泣かせるのです。


学校にいい思い出がなかったとしても、「別れ」というのは寂しいもの。



「別れそのもの」が寂しい。


そして新しい進路に対する期待と不安。


そういう複雑な感情が入り混じってくるのです。


そしてきわめつけは、「仰げば尊し」ですね。



あのメロディーが感傷をそそる。



「仰げば尊し」は、卒業式のみで聞く曲です。



「仰げば尊し=卒業=別れ」


です。


したがって、ストレートに涙を誘う。


教師に恩を感じていようがいまいが、関係がありません。


かようにして、友人は、不覚にも?涙を流してしまったというわけです。


しかし、ここで話は終わりません。


この事実は、深く考えると、重要なことを気付かせてくれるのです。


もう一度友人のことを考えてみてください。


彼は、「学校嫌い、教師嫌い」でした。


それには、いろいろ理由があったのでしょう。


しかし最終的には、「別れ」という寂しさの方が大きかったのです。


「学校は嫌い<別れの寂しさ」


ということですね。


これは、重要な意味を含んでいます。


とかく我々は「雰囲気に影響される」ということです。



例えば、「好きな異性に、夜景のキレイなところで告白しよう」と考える人がいます。


なぜでしょうか?



「夜景のロマンチックな雰囲気が、相手の心をとらえる」

「プロポーズを受け入れてもらえる」


と考えます。


しかしこれは一面の真実でしかありません。


もちろん相手に与える影響もあるでしょう。


しかし、もっと大切なことがあるのです。



「キレイな夜景を見ながらだと、告白しやすい」


ということ。


つまり、自分自身に与える影響ですね。



これを見逃してはいけないのです。



もちろん、そんな夜景を見ながらだと、かえって言いにくいという人もいます。



そういう人は、日常の何気ない状況の中で、言うでしょう。



いずれにしても、自分自身の行動を、雰囲気を作ることで、しやすくするわけです。



雰囲気を作るのは、自分自身が話しやすくするためなのです。



「環境」を味方につけたあなたは、相手の心をきっと動かすに違いありません。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━

自分のために、雰囲気を作る。


それが、行動を促します。

━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク