読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「赤い糸」を発掘する方法


こんにちは。上村です。



突然ですが、


あなたは、

「赤い糸」を信じますか?(笑)


昔から、よく言われますね。


「運命の男女は、赤い糸で結ばれている」


・・・と。


本当でしょうか?

あなたは、どう思いますか?


「そう思いたい」という人々が生んだ迷信・・・

と考える人もいます。


でも、僕は、

「赤い糸は必ずある」と言いたい。



あなたも、運命の人と結びついてるはずです。


こう断言すると、

「ああ、上村もついにオカルトの領域に入ったか」

なんて思う人がいたら、ちょっと困るのです。(笑)


実は、神秘的でも何でもないんですよ。


僕が言う「赤い糸」とは、

普通のとは、少し違うのです。


「では、どんな糸なの?」

と思われますよね。


そこで、一つ、

例を上げましょう。


これを読んだら、

「ああ、そうか」

とあなたも思うはずですよ。


その例とは・・・。


僕は、このブログでも再三書いていますが、

前は、「大学受験予備校」で働いていました。


仕事は、生徒たちの進路指導です。

でも、それだけじゃないんですね。


外で営業したり、

中で接客したり、


電話対応をしたり、



いろいろしました。


いわば、何でも屋。(笑)


例えば、こんなことがありました。


予備校に、ある高校生から電話がかかってきます。


「予備校に入りたいんですが・・・」


要するに、入学希望者ですね。



そこで、僕が応対します。



「合格実績」とか、

「予備校のシステム」とか、


「入学方法」とか、



いろいろ説明します。


で、その生徒は、


無事予備校に入学しました。


一件落着。


生徒が一人増えて万々歳。


でも、よく考えると、

どうしてこの高校生は、ウチの予備校を選んだのでしょうか?


予備校なんていっぱいあります。

もっと知名度の高い学校もあります。


その中で、


この予備校を選択するキッカケって、何だったのでしょうか?


もちろん、いろいろあったはずです。


「親に勧められた」

「友達が通っている」

「家から近い」

「授業料が安い」


などなど、

理由は様々でしょう。


でも、こんな理由だって考えられますね。


電話口の僕が親切だったので、

感激してこの予備校に決めた・・・


なんてこと。(笑)



これは何も自分を美化しているわけではありません。(笑)



あくまで「可能性」ということで考えてみただけです。


もしそうだとしたら、

僕は上司にホメられてもよかったはず。


でも、その生徒が言わない限り、

それが入学のキッカケだなんて、


誰にもわかりません。


だから、悲しいことに、


「僕の功績も気づかれないまま」

なんですね・・・。


それはともかく、

この例から、「赤い糸の正体」が見えてくるんですよ。


おわかりになりますか?(笑)



ちょっと考えてみてくださいね。



では、次回に続けて、この話をしていきましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「運命の赤い糸」は存在します。

でも、それは、「一直線につながっている」とは限らないのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン


1万人を虜にする魅惑のトーク術 では、


さらに濃密な「恋愛人間関係ノウハウ」「トーク術ノウハウ」を配信しています。



購読は無料。ぜひお読みくださいね。

1万人を虜にする魅惑のトーク術




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク