読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「しつこくホメる」と愛されない話


こんにちは。上村です。



前回のブログ で、「親しくなるのに、作戦はいらない」という話をしました。



例えば、あなたに好きな人がいるとします。



「君は素敵だね」と言われたら、相手も悪い気はしないでしょう。


しかしホメるのはいいにしても、過剰になると、かえってウソっぽく聞こえてしまう。


「君は宇宙一、素敵だ」とか言われたら、さすがにイヤミに聞こえますね。


「宇宙人と素敵さを比べるな」と思われる。


僕もかつて、数え切れないくらい、この種の失敗をしました。


「今日はいい感じだね」とか、わけのわからないホメ方をした。


無理してホメようとすると、抽象的になったりします。


もちろん「男女関係」だけではありません。


「人間関係全般」でも、この間違いをすることがあります。


だいたい、あまりにホメ過ぎると、そのうちホメることがなくなってくるもの。


すると同じことを何回もホメてしまう。


結果的に、相手から「しつこい」と思われてしまうのです。


何かの拍子に、ふと出たホメ言葉ならいいのです。



「ホメなければいけない」と思いながらホメても、相手の心には届きません。


また、誰かと比較する必要もないのです。


「あの人と比べてあなたは素晴らしい」などと言っても、相手は困ってしまうでしょう。



なぜなら、自分がいつ、その「あの人」になるかわからないからです。



いずれにしても、もっと肩の力を抜くべきです。



愛し愛されるというのは、もっと自然な行為です。



作戦ではありません。



もっと楽な気持ちになれば、かえって相手との壁がなくなって、仲良くなっていくことでしょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━

もっと楽な気持ちでいいのです。


そうすれば、相手と仲良くなれるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク