読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

授業中に「デートしよう」とした生徒の話


こんにちは。上村です。



僕はかつて、予備校で進路指導の仕事をしていました。


ある時、生徒から、こんな相談を受けたことがあります。


「勉強中に、好きな女の子のことが気になる。どうしたらいいのでしょうか・・・?」


彼は、同じクラスに、好きな女子生徒がいたのです。


授業中も、近くの席の彼女のことが気になる。


授業内容が全く頭に入らないのです。


彼は悩みましたが、恋愛だけに、感情をどうすることもできない。


切羽詰って、僕のところに相談に来たのです。


もし、あなたがそんな相談を受けたら、どう答えてあげるでしょうか?


よかったら、考えてみてくださいね。


「恋愛など忘れて、もっと勉強に気合を入れろ」という説教もあるかもしれない。


あるいは、「気持ちはよくわかる。恋愛はそういうもの」というアドバイスもあるでしょう。


しかし僕は、どちらのアドバイスも、そんなに効果があるとは思えない。


なぜなら、彼は恋愛に悩んでいるのですが、もっと本質的には「人生」に悩んでいたのです。


「受験の不安」や「勉強の壁」など、別要素もこの悩みに拍車をかけています。


いや、元を正せば、勉強の不安が形を変えて、恋愛の不安に転嫁しているのかもしれない。


したがって、恋愛だけを考えていては、いいアドバイスはできないのです。


もちろん当時は、そこまで考えていたわけではありません。


なので、生徒に相談されて、恋愛というものを主眼に考え、アドバイスしようと思った。


でも、いいアドバイスができなかったのです。


なぜなら、さっきも言ったとおり、それは恋愛の悩みよりも、もっと深い部分で「人生の悩み」というべきものだったから。


広い視点で考えて、アドバイスする必要があったのですね。


それはともかく、ここで非常に重要な事実があるのです。


このような悩みを抱えている人の恋愛は、なかなかうまくいかないということです。


もちろん勉強にも支障が出るし、肝心の恋愛もうまくいかない。


踏んだり蹴ったりになるのです。


僕自身もそういう経験をしましたし、またそういう人を何人も見てきました。


つまり彼は、「肝心のこと」ができていないのです。


だからチグハグになってしまうのです。


彼自身もまた、それを感じていました。


なぜ彼がチクハグになるかといえば、答えは明らかです。


「今すべきことができていない」からです。



今のことができなければ、その他のこと(彼の場合は「恋愛」)もできないのです。


人生とはまさにそう。


彼の取るべき行動は明らかですね。


『勉強の時は勉強する』


これ以外に方法はありません。


「それができないから悩んでいるんだ」と、彼は思うでしょう。


しかし答えはこれしかないのです。


勉強の時は勉強を。恋愛の時は恋愛を。仕事の時は仕事を。遊びの時は遊びを。休む時は休みを。



人間にはその都度すべきことがあります。



それに徹することが、人生の歯車を「いい回転」にさせていくのです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間には、その都度すべきことがあります。


それに徹することが、人生の歯車をよくしていくのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク