読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「相手を動かす言葉」を言う方法


こんにちは。上村です。



ある男性が、職場の飲み会の「幹事」をすることになったそうです。



幹事というのは、いろいろ大変。


酔っ払いの面倒を見ないといけませんからね。(笑)


それに、場を盛り上げる必要もあるかもしれない。


彼は真面目な男です。


率先してビールをつぎまくった。



自分から、宴会芸もしたのです。


どんな芸をしたのか知りませんが、後で自己嫌悪になったそうですから、かなり恥ずかしかったのかもしれない。


彼の会社は、いわゆる「バンカラな社風」です。



バンカラとは、「ハイカラ」の逆ですね。



荒っぽいのです。


そんな社風ですから、普通の芸では許されなかったのかもしれない。


彼は宴会後は、何となく「むなしい気分」になったのです。



自分はお笑いタレントでもないのに、どうして芸などしなければならないのか。



元々深く悩むタイプ。


「いったい、本当のオレは、どこにいってしまったんだ」


と思ったらしい。


宴会で暴れている自分は、本当の自分じゃない。



飲めない酒を、無理して飲んでいる自分も、本当の自分とは違います。


じゃあ、自宅にいて、テレビを見ている自分が、本当の自分なのでしょうか?


これも違う。


いろいろ考えていると、わけがわからなくなってきました。


「本当の自分って何?」と考えても、答えが出るわけがありません。


もっと言えば、いつの時でも、すべて本当の自分なのですね。


会社で忙しく動き回っている自分も、自分です。


自宅でくつろいでいる自分も、自分。


趣味に没頭している自分も、自分なのです。


そこに優劣はありません。


すべて同じ人格です。


ならば、「その時々の自分」に徹しようではありませんか。



そして、そういう人こそが、「力ある言葉」「相手を動かす言葉」を言うことができるのです。



では次回も、続けてこのお話をしましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その時々に徹しよう。


それが、「力のある言葉」を言う方法です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『自伝の愛され術』とは・・・


僕が、自分の人生を振り返って書いた「自伝」を読んでください。


そこに「愛される方法のすべて」が詰まっています。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク