読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

意外なことで悩んでいたアルバイトの話


こんにちは。上村です。



かつての職場勤務時代のお話です。


僕は、アルバイトを使ったことがあります。


ビラ配布のバイトですね。


よく、道でティッシュを配っている人がいますが、あんな感じ。


その時は、ノルマの設定はなく、いってみれば「気楽なバイト」です。


「じゃあ、頑張って配ってきてください」と、僕はバイトの皆さんに言いました。


すると、その中の一人が「浮かない顔」をしていたのです。


「どうしたの?」と聞くと、心配事があるらしい。


「もしビラを受け取ってもらえなかったら、どうしたらいいのでしょうか?」

「次に通る人に渡せばいいよ」

「その人にも受け取ってもらえなかったら?」

「・・・?」



最初、彼が何を言っているのかよくわからなかったのです。



ビラを配るだけです。ノルマも何もないのです。



受け取ってもらえなくても、たいした話ではありませんね。


詳しく聞いてみると、彼の心配理由がわかった。


彼は、「拒否されること」が怖かったのです。


渡そうとしても、多くの人に拒否されるはず。


それを恐れていたのです。


しかし、よく考えてみれば、その恐怖がいかに根拠のないものであるかがわかります。



ビラ配布をして、受け取り拒否されるなど、当たり前ですね。


通行人は、受け取り義務などないのです。


配る自由があるなら、相手はもらわない自由があります。


その前提で配布をするのですから、そんなことを言っていたら何もできない。


その時は、僕は、(ヘンなことで悩んでいるなあ)と思ったのです。


しかしよく考えてみると、彼の不安もわからなくはありません。


誰でも「拒否されること」はイヤかもしれない。


自分が望んだことを、すべて相手が承諾してくれるなら、楽しいですね。


しかし現実にそんなことはありえません。


彼は、拒否されることを恐れていたのですが、では、彼自身について考えてみましょう。


例えばもし彼が、「好きでもない異性」から告白されたとしたらどうするでしょうか?


拒否するでしょう。



断り方はいろいろあっても、拒否に替わりはないのです。


自分自身も、日常で様々なことを拒否しているのです。


そうしなければいけないからそうしているのです。


自分がそうなら、相手もそうですね。


相手にも拒否する権利はあるし、それはお互い様なのです。


拒否すべき時に拒否できない方が問題です。


よく、自宅に訪問販売がくることがあるかもしれませんが、あれもそうですね。


拒否しないと、相手はどんどん迫ってきます。


中途半端に、「今は忙しいので」などと言えば、「ではまた改めて」と言われてしまう。


「興味がないので、お断りします」と、ハッキリ言わねばなりません。


相手がどう思うかとか、自分はハッキリものが言えないとか、そんなことは関係がないのです。


「拒否すべき時は拒否する」「相手の拒否を受け入れる」


これはまさに、大人の態度として必要ですね。


人生(日常)とは、『取捨選択』です。


常に我々は取捨選択しながら生きています。


恋愛や人間関係もまた、同じです。



別れがあれば出会いもある。



それが人生です。



別れを恐れてはいけないのです。


もちろん、別れは嫌でしょう。



好きな人と、誰だって別れたくない。



でも、別れを恐れると、どんどん相手が遠ざかっていくことがあります。



恐怖心で人と付き合っても、長続きしないからです。



別れを恐れるのではなく、「出会った喜び」で付き合うべきです。



それが永続する関係なのです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━

「拒否すること」「拒否されること」


どちらも恐れてはいけません。

━━━━━━━━━━━━━━







トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク